アナログ入稿

以下に、これは困っちゃったという原稿の例をご紹介します。
逆にいえばこれらの項目にあてはまらない原稿は、印刷にたいへん適した素晴らしい原稿であるといえます。

●原稿用紙の種類がバラバラである。
(面付がやりにくいんです…)

●センタートンボが入っていない。
(同じく面付に時間がかかってしまう)

●トーンやベタの塗り過ぎでトンボが消えている。

●切り貼りが水性ノリで貼ってある。
(かわくとゆがんで撮影が難しい)
!!ご注意!!
切り貼りにはペーパセメントを使って下さい。貼がれないように注意!!

●線がかすれ、トーンが浮いている。
(きれいに印刷できません)

●墨汁の重ね塗り。
(光ってしまいすでにベタではない)

どうでしょうか?キレイな印刷物を作るために、是非参考にしてみて下さい。


TOP

(C)共信印刷