共信印刷WEBサイト
データ入稿
→ Homeデータ入稿データ入稿マニュアル多色刷りをデータ入稿したい! <<Back <!>Reload
データ入稿
マニュアル
キャリブレ−ション用画像について
カラーマッチングの初歩
(ソフトウェア編)
モニタの色を合わせたい!
(ハードウェア編)
フルカラー表紙をデータ入稿したい!
(Photoshop編)
 Page2
フルカラー表紙をデータ入稿したい!
(Illustrator編)
 Page2
本文をデータ入稿したい!
(グレースケールとモノクロ2階調)
 Page2
 Page3
多色刷りをデータ入稿したい!

共信印刷で
利用可能な
ソフト・基本色
・フォントなど
データ入稿
マニュアル
印刷&データ入稿
 マニュアル無料送付!

■多色刷りをデータ入稿したい!

Page1

多色刷り用モノクロ画像データの作成

多色刷りではそれぞれのインクに合わせたモノクロデータを用意します。


2色刷りの原稿の例

図の様に版下のデータはモノクロで作成して下さい。
データを作る際には各色の位置がきちんと合うように注意して原稿を作成してください。

データ入稿には様々な方法がありますが、ここではPhotoshop、Illustratorを使用した標準的な方法を説明します。

■Photoshopでの入稿

・Photoshopデータの場合、各インクのデータを同じサイズで作成して下さい。トンボは必要ありません。(データが同じ位置に配置されるようにこちらで合わせます)

・データの解像度は本文と同様に、グレースケールの場合は600dpi程度、モノクロ2階調なら600〜1200dpi程度が良いでしょう。

・ファイル名はそのファイルがどのインクのデータなのか、わかりやすい名前をつけて下さい。
(「hyo1_FG78.EPS」「01Red.TIFF」など)

・ファイルの形式はPhotoshop EPS形式又はTIFF形式にして下さい。

■Illustratorでの入稿

・Illustratorでは各インクのモノクロデータを用意して、トリムマークで作成したトンボで位置を合わせます。

「フルカラー表紙をデータ入稿したい!(Illustrator編)」で説明した方法でトリムマークを作り、合わせる位置が判るようにファイルを作成して下さい。

・ファイル名はそのファイルがどのインクのデータなのか、わかりやすい名前をつけて下さい。
(「hyo1_FG78.EPS」など)

・ファイルの形式はIllustratorEPS形式で保存して下さい。

 

※この方法の他にもPhotoshopファイルのレイヤーに各インクのデータを用意する方法や、チャンネル別に分ける方法などがあります。

※ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。


<前ページへ 表紙へ>

共信印刷で 利用可能な ソフト・基本色 ・フォントなど
データ入稿マニュアル
印刷&データ入稿マニュアル無料送付!
<<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2005 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD