共信印刷WEBサイト
データ入稿
→ Homeデータ入稿データ入稿マニュアルPhotoshopでフルカラー表紙をデータ入稿したい! <<Back <!>Reload
データ入稿
マニュアル
キャリブレ−ション用画像について
カラーマッチングの初歩
(ソフトウェア編)
モニタの色を合わせたい!
(ハードウェア編)
フルカラー表紙をデータ入稿したい!
(Photoshop編)
 Page2
フルカラー表紙をデータ入稿したい!
(Illustrator編)
 Page2
本文をデータ入稿したい!
(グレースケールとモノクロ2階調)
 Page2
 Page3
多色刷りをデータ入稿したい!

共信印刷で
利用可能な
ソフト・基本色
・フォントなど
データ入稿
マニュアル
印刷&データ入稿
 マニュアル無料送付!

■Photoshopでフルカラー表紙をデータ入稿したい!

Page1

入稿用フルカラーデータの作成

CGを描くこと自体には何も制限がありませんが、キレイで間違いのない印刷物を作るためにはいくつか守ったほうがよい事柄があります。 ここでは現在もっとも多い「フルカラー表紙のデータ入稿」について説明します。


Q. 表1と表4はつなげる?それともバラ?

入稿時に表1(いわゆる表紙)と表4(裏表紙)は、つなげた状態でも別 れている状態でもどちらでも構いません。(面付け代もかかりません)
背表紙については、この項で説明しています。

Q. 画像のサイズはいくつに設定する?

画像のサイズは基本的に原寸で作成して下さい。また、アナログ原稿の入稿と同じようにデータ入稿でも断ち切り(図1参照)分の寸法をプラスして頂く必要があります。天地左右をそれぞれ3ミリずつ大きく作成して下さい。詳しいサイズはこの項で説明しています。

Q. Adobe Photoshopでの入稿はRGB?それともCMYK?

入稿はどちらでも受付可能です。 最初からCMYKで描いている場合は、そのまま入稿して下さい。ただ、RGBモードで描かれている場合は、入稿にあたり印刷用のCMYKモードに変換されても、もちろん構いませんが、PhotoshopでのRGB→CMYK変換は設定によりかなりの差が出ます。(調整その3参照)
大抵の印刷会社では自社の機械やインキに合わせた変換設定を定めておりますので、RGBで描かれている方はRGBモードのまま入稿されたほうがよいでしょう。(※1)

!!ご注意!! (※1)
Photoshopの変換設定を変えても、RGBカラースペースを印刷で完全に再現することはできない。 CMYKに変換されると今のデータがどんな色になるのか、参考としてプレビューで見ておいたほうが安心だ。


<前ページへ 次ページへ>

共信印刷で 利用可能な ソフト・基本色 ・フォントなど
データ入稿マニュアル
印刷&データ入稿マニュアル無料送付!
<<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2005 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD