共信印刷WEBサイト
データ入稿
→ Homeデータ入稿データ同人誌入稿マニュアル本文をデータ入稿したい! <<Back <!>Reload
データ入稿
マニュアル
キャリブレ−ション用画像について
カラーマッチングの初歩
(ソフトウェア編)
モニタの色を合わせたい!
(ハードウェア編)
フルカラー表紙をデータ入稿したい!
(Photoshop編)
 Page2
フルカラー表紙をデータ入稿したい!
(Illustrator編)
 Page2
本文をデータ入稿したい!
(グレースケールとモノクロ2階調)
 Page2
 Page3
多色刷りをデータ入稿したい!

共信印刷で
利用可能な
ソフト・基本色
・フォントなど
データ入稿
マニュアル
入稿マニュアル
 &紙見本帳無料送付!

■本文をデータ入稿したい!

Page1

本文用モノクロ画像データの作成

現在たいへん増えてきているのがモノクロ本文のデータ入稿です。 ここでは
「Photoshopで描いた本文の1色漫画をデータ入稿する」
ことに絞って基本的な注意点等を説明しています。


Q. 入稿の形態と保存形式は?

1ページ1ファイルでお願いします。面付けをする必要はありません。見開きのページは繋がっていても大丈夫ですが、サイズにご注意下さい。ファイル名はそのファイルが何ページなのか、わかりやすいようにつけて下さい。なるべく本文ノンブルと一致するようにしてください。 (例:18ページなら 18.EPS など)
保存形式はPhotoshop EPS形式でお願いします。EPSで保存できない時はレイヤーが統合されているか、不要なチャンネルが残っていないかを確認して下さい。
PSD、TIFF、でも入稿可能ですが、必ず画像をを統合してアルファチャンネルを削除して下さい。

Q. 画像のサイズと解像度は?

表紙用データの入稿と同じように、天地左右を仕上がりよりそれぞれ3ミリずつ大きく作成して下さい。B5なら188(左右)×263(天地)A5なら154(左右)×216(天地)となります。データは原寸で作成して下さい。
解像度はグレースケールで入稿される場合は600dpi程度、モノクロ2階調なら600〜1200dpi程度がよいでしょう。

Q. 入稿はグレースケール? それともモノクロ2階調?

入稿データはグレースケール、モノクロ2階調どちらでもでも受付可能です。もともとカラーで描かれたデータをグレースケールに落としたもの、あるいは最初からグレースケールで描いたデータを使う場合は前者、線画を取り込んだ時点で2階調化してパワートーン(※1)を使った場合は後者での入稿となるでしょう。

Tips(※1)
パワートーン

データ上でスクリーントーンが貼れるPhotoshopのプラグイン。パワートーンを使って線画2階調データにトーンを貼ると、出力した際には手書きの版下原稿と基本的に変わらなくなる。

Tips (※2)
スクリーン線数

印刷される網点の粗さを決めるもので、1インチの中に網点が何列並ぶかで「〜線」と表現する。このスクリーン線数の数値が多いほど網点は細かくなり、なめらかな表現が可能。 だが刷版、印刷の工程で網点の管理が難しくなることや、印刷する用紙にも左右されることから通 常スクリーン線数の指定は各印刷会社の判断に任される。新聞などの粗い紙では現在のオフ輪印刷で80〜100線、カタログなどの1色部分は133〜150線、4色部分は175線が一般的。


<前ページへ 次ページへ>

共信印刷で 利用可能な ソフト・基本色 ・フォントなど
データ同人誌入稿マニュアル
同人誌入稿マニュアル・紙見本帳 無料送付!
<<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2010 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD