共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ85カタログ掲載版(発行:2014.5.15) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号


スペインのマンガ専門店

 翌日からは、回りきれなかった展示やお店などを回るとともに、マンガ専門店を回ります。これはバルセロナの後、マドリードにも移動して調査。いろいろと面白い発見がありました。
 バルセロナで一番大きいのは、先述のノルマの直営店。私たちは降りる駅を間違えてえんえん歩き、途中で道を聞くためにスペインからイタリアのYさんに電話する(笑)という騒動がありましたが、基本は凱旋門を背にして左側すぐです。1階はアメコミとBD、日本マンガは地下で、お客さんがいっぱい!とくに「マンガの描き方本」がすごくたくさん並べてあるのが目を引きます。中を見ると、コマ運びというより「絵」の描き方に特化している本が多いようです。また、「マンガで日本語」というような本も多い。

 一方、マドリードでは、市の中心の大通りからちょっと入ったところにある広場を中心とした「Callao」という地区に、Madrid Comics、Otaku Center、Generacion X、Atlantica Manga, Metropolis、Elektra など、10くらいの専門店が密集しています。とくに多いのは、Calle de la EstrellaとCalle Lunaという通り。それぞれ短い間に3〜4軒の専門店が。  バルセロナでもノルマの周りに小さな店がいくつかありましたが、このように専門店が一か所に密集しているというのは、スペインにおいてはまだまだ日本マンガはマニアのもの、という位置づけを表してもいるでしょう。とはいえ、あるのはいずれも街の中心部ですけどね。
 この探訪で一番の発見は、古書も置いている専門店で古い雑誌のバックナンバーを見つけたことです。やはり思った通り、ホラーマンガ雑誌が複数出ている!それに、この妙に目を引くかっこいい雑誌は何? Metal……『メタル・ユルラン』だ!
 『メタル・ユルラン』は70年代にフランスのメビウスを中心に創刊され、世界中のアーティストに大きな影響を与えた雑誌です。タイトルは『へヴィ・メタル』という意味で、アメリカでもその名前で発行されています。ここで見つけたのはスペイン語の『メタル・ユルラン』。しかも日本マンガ特集号まである!

 また、この専門店街のすぐ近くの大型本屋さんFNAC(フランス系)と、デパートEl Corte Inglesの中にある書店でもたくさんのマンガやコミックを扱っています。ここで一番の収穫だったのは、スペインの少女マンガ史の発見!!
 ベルナベさんも言っていましたが、スペインでは80年代まで「少女マンガ」雑誌がありました。具体的には、古くは『SISSI』、それを引き継いだ『LILY』といった雑誌です(私もこのフランス語版は見たことがあります)。欧米では「少女マンガ」はかなり早い時期に消滅していて、少女向けタブロイド紙が長く発行されていたフランスでも、70年代の初めにはなくなってしまいましたから、スペインのこの例はかなり珍しい。なかでも有名なのは『ESTHER』という作品で、バルセロナでも何冊かは手に入れたのですが、デパートの書店に探していた1巻が!おまけに、この『ESTHER』の作者が編集した『スペインの少女マンガ誌』という本があるではありませんか!半分以上がカラーページで、スペインの少女マンガの歴史が、雑誌や作品の写真入りで一望できる!
 このように、他のヨーロッパの国とは一味違うスペインマンガ文化。さらにスペイン語圏のマンガを探求するために、来年はアルゼンチンの調査を予定しています。みなさん、お楽しみに!

 

藤本由香里 ふじもとゆかり
評論家・明治大学国際日本学部准教授
07年まで編集者として働くかたわら、コミックを中心に評論活動を行ってきた。マンガ学会理事。著書に『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫)など。


※画像の無断転載を禁じます。

写真提供(敬称略): 藤本由香里



Produced by AIDE新聞編集部


本記事に対するご意見、ご感想、お問い合わせ等は下記住所までお送りください。
〒113-0001
東京都文京区白山1-19-6 共信印刷ビル
共信印刷株式会社 AIDE新聞編集部
e-mail:info@kyoshin.net

6
(←)前ページへ

目次
表紙
2ページ
3ページ
4ページ
5ページ
6ページ
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD