共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞2011夏 コミケ80カタログ掲載版(発行:2011.9.27) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

現地のテレビ局が取材している、 どさくさ ・・・・ に紛れて、 この展覧会の展示デザインを担当した豊嶋さんへ 突撃インタビューしてみました!

豊嶋秀樹(とよしまひでき)さん

1991 年サンフランシスコ・アート・インスティチュート卒業。 2001年チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン修了。

この展覧会は水戸芸術館、日本で始まったんですけども、 あと韓国を巡回して、その次にハノイに来たんです。 それぞれの会場によって美術館のつくりが違ったり、 広さが違ったりしますので、 レイアウトを考え直したりする必要があったんですが、 ここの会場に関して言えば 水戸で最初に作ったバージョンにかなり近いような構成でできました。

ベトナムで苦労した点というと、やっぱり違う文化の中で作っていくので、 どの部分が技術的には進んでいてどの部分がみんな不慣れなのか、 最初はよくわからないでやっていくんですよ。 今回は学生たちと一緒にどんどん作っていったんですけど、 ある程度出来てくると皆も要領を得てきて、 最終的には僕もすごく満足いく感じに仕上がっていると思います。 今回は5日くらい前に入ってそのまま怒濤の作業に入っていった感じなんです。 時間はなかったけど、皆がんばってくれました。

あとはグラフィックの出力をして何かやるような作品が色々あったんですけども、 その辺がけっこう苦労したっていうことと、まあ、あとはコンピュータ系ですよね。 なんかプロジェクションしたりとか、 その様な調整とかにわりと手間取ったりはしましたけども。 基本的には造作もの、壁を作ったりとか、ショーケースを作ったりとか、 そういうのは逆にすごくスムーズでした。

普段はどういう感じで展覧会とかに関わっているのかわからないんですけども、 ベトナムの学生さんは皆全然あきらめないし、 最終的には良いものを作ろうってところですごくチームワークっていうか、 一体感みたいなものも出てきて楽しかったです。 ソウルの場合はプライベートなミュージアムでやったので、 そこのテクニシャンのチームって感じだったんですけども。

※画像の無断転載を禁じます。


3
(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

 

目次
表紙
2ページ
3ページ
4ページ
5ページ
6ページ
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD