共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ77カタログ出張版(発行:2010.2.1) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

コミケ77カタログ出張版

座談会
コンテンツ文化史的にみる
コミックマーケットの激動期 2





コンテンツ文化史的にみる
コミックマーケットの激動期 2

1989〜1990年代初頭における
社会的動向とコミケットの発展を中心に


前文

前回のC76版AIDE新聞では、主にコミックマーケットの参加者・参加サークルが大きく増加し、 そこで頒布される同人誌なども技術・内容ともに飛躍的に向上していった1988年ごろまでの状況について、 一般的な社会状況などを交えながら、議論した。それを受けて今回は、1989年から1990年代初頭にいたる時期をとりあげ、 宮崎事件、有害コミック問題、幕張メッセ開催中止事件など、さまざまな事態に直面したコミックマーケットが、それにどのように対応して、 現在まで継続する基盤を育んでいったかを中心に議論した。


吉田正高

1969年、東京都出身。 東北芸術工科大学デザイン工学部准教授。
専門は、江戸・東京を中心とした都市文化史と、国内のサブカルチャーを包括的に考察するコンテンツ文化史。
コンテンツ文化史学会会長。
http://www.contentshistory.org/
市川孝一

1980年代より、コミックマーケットを中心に、様々な同人誌即売会の運営に携わり、2006 年9月より、コミックマーケット準備会共同代表となる。
また、2007年4月より始まった同人誌即売会COMIC1準備会の代表でもある。
三崎尚人

まんが評論家・同人誌研究家。1996年より、Webサイト「同人誌生活文化総合研究所」を主宰。まんが情報誌「ぱふ」に『同人誌界流行通信』を連載中。


表紙

次ページへ(→)

目次
表紙
座談会
コンテンツ文化史的にみるコミックマーケットの激動期 2
前文
I. 1988〜1989年におけるコミックマーケットの状況
II. 〜90年代初頭のコミックマーケットとコンテンツ文化 ─表現規制の問題を中心に─
おわりに ─コミックマーケットの永続に向けて─
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD