共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ76カタログ出張版(発行:2009.9.11) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

コミケ76カタログ出張版

座談会
コンテンツ文化史的にみる
コミックマーケットの激動期 1





コンテンツ文化史的にみる
コミックマーケットの激動期 1


はじめに
  1988年に至るコミケットの発展と問題意識を中心に  


吉田正高(以下、Y):
 前々回のコミケットカタログで書かせていただいた拙文でも触れましたが、88〜89年に宮崎勤による大きなインパクトのある事件があって、その波紋がコミックマーケット(以下、コミケット)や同人誌という領域にどのような影響を与えたかということを、準備会共同代表の市川孝一さんと同人誌文化に詳しい三崎尚人さんにお聞きしたいということで、このような対談の場を設けていただきました。まず、宮崎事件があって、オタクのマイナスイメージが広がったわけですが、その一方で「オタクという人々がいて、独自の文化がある」と注目するという流れがあったと思います。つまり、オタク文化が一般文化に入り込んでいって、アングラだったオタク文化の強制的なボトムアップが図られる、みたいな時代構造があったと思うんです。それに対して、宮崎事件がもしなかったとした場合、コミケットとか同人誌とかはどんな歴史をたどっていったのか?というあたりから始めたいのですが。

市川孝一(以下、I):
  架空戦記みたいな感じですかね?

Y: そうですね。要するにコミケットや同人誌文化というものが、89年〜91年ごろに自然とオーバーグラウンド文化のほうへ向っていく状態になっていたか?というのが一番知りたいところです。

I: 一般文化に近いところには向かったでしょうね。覚醒が早まっただけでしょうか?


吉田正高

1969年、東京都出身。 東北芸術工科大学デザイン工学部准教授。
専門は、江戸・東京を中心とした都市文化史と、国内のサブカルチャーを包括的に考察するコンテンツ文化史。
コンテンツ文化史学会会長。
http://www.contentshistory.org/


表紙

次ページへ(→)

目次
表紙
座談会
コンテンツ文化史的にみるコミックマーケットの激動期 1
はじめに
I. 80年代のコンテンツ文化
II.〜1988年までのコミックマーケットおよび同人誌文化の状況
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD