共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ75カタログ出張版(発行:2009.1.30) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

コミケ75カタログ出張版

世界各地には様々なアニメやマンガのイベントがあり
その国々の人々によって運営され、それぞれの特色を出している
そしてその国の風に吹かれている…


というわけで今回は、評論家の藤本由香里さんに
3つのイベントについてレポートしてもらいました。





「アングレーム」「サンディエゴ」「広州」
2008年、世界マンガフェスティバル報告


 世界には、国際的に有名ないくつかのマンガの祭典がある。なかでも代表的なものが、フランスのアングレームで開かれる国際マンガ祭、アメリカはサンディエゴのコミック・コンベンション、そして日本のコミックマーケット。
 昨年いっぱいで25年間勤めた出版社を辞め、今年四月から「国際日本学部」というところで漫画文化論を講ずることになったのを幸いに、2008年は、このすべてのマンガ祭に ―自費で― 参加し、取材してきた。おまけに今年10月には、第1回中国国際マンガフェアが広州で開催されると聞き、一路中国へ。
 一年の間にヨーロッパ・アメリカ・アジアを代表するマンガ祭のすべてを取材してきたという人もそうはいないだろう、ということで、これは、アングレーム、サンディエゴ、そして広州、それぞれで開かれた国際マンガフェスティバルの報告である。いったい海外のマンガ祭は、日本のコミケとどう違い、それぞれどういう特徴があるのか。それを比較報告してみたい。



藤本 由香里(ふじもと ゆかり)

 評論家・明治大学国際日本学部準教授。 編集者として働くかたわら、コミックを中心に評論活動を行ってきたが、昨年末退社。 講談社漫画賞等の選考委員も務める。著書に『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫)など。


表紙

次ページへ(→)

目次
表紙
「アングレーム」「サンディエゴ」「広州」
2008年、世界マンガフェスティバル報告
アングレーム国際マンガ祭
コミックコンベンション
中国国際漫画文化展
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD