共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ74カタログ出張版(発行:2008.10.4) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

(3)オタク文化を取り込み成長・変化するメディア
 オタクという存在が世間一般に認知されるようになると、彼らが生み出し育ててきた文化を題材とする新たな状況が作り出された。
 まず、90年代初頭にオタクのマイナスイメージを逆手にとったようなトリックスターとして宅八郎などがあらわれると、90年代中期には岡田斗司夫、唐沢俊一ら「第一世代」といわれる1950年代生まれの文化人や業界人による「オタク」の社会的ステイタス向上するような提言・発言が目立ちはじめた。
 また、オタク特有の偏執的な知識のもてあそびによって、擬似科学である『ウルトラマン研究序説』(1991年[図版4])やデータ主義『水原勇気0勝3敗11S』(1992年[図版5])などが刊行された。
 音楽や映画など、80年代の若者のポップカルチャーを牽引した『宝島』から派生した『映画宝島』準備号が1990年に出版された[図版6]。特集として、「あなたの知らない映画」をかかげるなど、従来の固定化された映画評論状況に違和感を持つ層の拡大を予見させた。結果的に『映画宝島』は数号を出したのみで休刊となったが、編集サイドの中心人物・町山智浩(ウェイン町山)によって、1995年に『映画秘宝』が誕生[図版7]、これまでの映画マスコミや業界が取り上げなかった映画を再評価する気運を作り出した。
 また、1993年には、90年代型サブカル雑誌といえそうな『クイック・ジャパン』が創刊[図版8]、翌1994年には、『ファミ通』の権威化を受けて、「ゲーム広告を掲載せず、ゲームはプレイをした後に評価」というスタンスで『ゲーム批評』が創刊される。
 1995年からは、過去のコンテンツ作品の発掘・再評価によって、「誰も知らない」という愉悦感とともに作品への新たな視角の提示を行う『トンデモ本』シリーズがヒットする[図版9]。さらに、コンテンツやオタク文化を学問研究の対象とする動きがみえはじめ、東浩紀などが登場する。同年、NHKで『BSマンガ夜話』 [図版10・11]の放送がはじまり、この動向が、日本アニメーション学会、マンガ学会などの設立に結実する。
 上記のような過去のコンテンツの捉え返しの風潮は、実はコミックマーケットなどの同人空間で成熟していったものであり、現在も上記であげた雑誌などの関係者の一部は、評論系の論客としてコミックマーケットで同人誌を発表している。


図版4
図版5
図版6
図版7
図版8
図版9
図版10・11


3

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
戦後コンテンツ文化の発展にみるコミックマーケットの意義 - その2
1989年
90年代における社会状況とコンテンツ
90年代コンテンツの特徴
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD