共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ73カタログ出張版(発行:2008.1.20) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

コミケ73カタログ出張版

特別寄稿:吉田 正高
戦後コンテンツ文化の発展にみるコミックマーケットの意義
- その1 -

 みなさんもご存知のように、去る8月30日から9月3日までパシフィコ横浜に於いて「ワールドコン」(世界SF大会)が開催されました。
 この大会に、故米澤嘉博氏が協力を申し出ていたこともあり、その遺志を継いでコミックマーケット準備会もこの大会に参加協力しました。またなにより嬉しかったことは、米澤氏が「星雲賞・特別賞」を受賞したことです。(詳しい内容については、コミックマーケット73カタログ 1196〜1197ページ、もしくはコミックマーケット公式サイトの『ワールドコンアフターレポート』をご参照ください。)


オープニングセレモニーの様子(右端は小松左京氏)
 そこで、今回のAIDE新聞は、そのワールドコンでコミケット準備会が企画したトークイベントの一つ、「コミックマーケットの文化的価値」吉田正高先生(東大特任講師)の講演を基に、講演者自ら本誌のために書き下ろしていただきました。
講演する吉田先生



戦後コンテンツ文化の発展にみる
コミックマーケットの意義 ― その1

吉田 正高

■はじめに

 昨今、国内においてコンテンツというカテゴリーで語られる文化のうち、特に漫画、アニメーション、ゲームなどの各分野において、クリエイターおよびユーザー双方にとって「コミックマーケット」という場が重要な存在となっていることを否定するものはいない。
 漫画やテレビアニメーションに関心を持ったごく少数の愛好者がサークル(漫画研究会、同好会など)を結成し、そのような複数のサークルが合同で同人誌の売買を行う場を自主的に形成・運営し、さらに爆発的に発展していく一連の過程を考察することは、諸外国とは比較できないわが国におけるコンテンツ文化の多様性・重層性、さらにはコンテンツ市場形成の基盤となるクリエイターや享受層の成長と成熟を明確にすることにほかならない。
 本稿では、主として第1回のコミックマーケットが始まった70年代後半から80年代までを、同時期の文化・社会状況との相関性を軸に、おおよそ10年刻みで概観し、コミックマーケットの文化的意義を探る。具体的には、戦後の国内コンテンツ文化の歴史を確認した上で、70年代末以降の各年代におけるコミックマーケットの意義と特質にかかわる認識の変化を確認することで、コミックマーケットの歴史と意義、さらには今日のコンテンツ文化にコミックマーケットが及ぼした影響を明らかにしたい。


表紙

次ページへ(→)

目次
表紙
戦後コンテンツ文化の発展にみるコミックマーケットの意義 - その1
はじめに
1950〜70年代の社会状況の変遷とコンテンツ
70年代のコンテンツ系サークルの成立とコミックマーケットの誕生
80年代の社会状況とコンテンツ
80年代前半におけるコミックマーケット
80年代後半におけるコミックマーケット
メルクマールとなる1989年 ─むすびにかえて─
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD