共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ73カタログ出張版(発行:2008.1.20) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■メルクマールとなる1989年 ─むすびにかえて─

 80年代末、とりわけ1989年の国内社会事情を振り返ってみよう。1月には昭和天皇が死去し、多年にわたって親しまれた「昭和」が終焉を迎え、続く2月には、戦後ストーリー漫画の創始者でもあった手塚治虫が死去、さらに6月には、昭和を代表する歌手・美空ひばりが死去するなど、この年は、特に戦後の国内文化が大きな節目を迎える転換期となった。また、ほぼ同時期に、日本を震撼させる2つの特異な犯罪が起こった。一つはいわゆる「コンクリート詰め殺人」であり、もうひとつは猟奇的な幼女連続誘拐事件、いわゆる「宮崎事件」である。前者は「ツッパリ」などの語に代表される不良文化が80年代に過剰化した末の悲劇であり、後者はコンテンツのマニア≒オタクが引き起こした最大の事件ということができるだろう。
 特に「宮崎事件」のインパクトは、メディアの過熱報道ともあいまって、オーバーグラウンドのコンテンツ文化のみを享受する一般の人々に、負のイメージを伴った「オタク」の存在を強制的に認識させることになった。また、オタクの存在が一般的に認知されるにともない、彼らが集うコミックマーケットにおいて実践されつづけてきたコンテンツ作品に対する「パロディ」と「メタ化」という手法が一般にも浸透していくことになる。つまりは、アンダーグラウンドで練り上げられた同人誌・同人アニメ的な手法が、オーバーグラウンドのコンテンツ作品にも影響を与える土台を一般社会に築いたことを意味しており、80年代に蓄積された「裏」コンテンツが一挙に「表」に噴出し、一般文化のムーブメントとしてのコンテンツ「再構成」の時代が到来するキッカケとなったのである。これは一般社会と、コミックマーケットに代表されるオタク文化とが初めて正面からぶつかりあったということであり、オタク文化が一般社会における規範や規制にさらされる第一歩でもあった。
 それはまた90年代以降のコミックマーケットにも、直接的、間接的に大きな影響を及ぼすことになる。

(以下、続く)


※掲載図版は全て筆者所有の資料を用いました。
※本稿の続きは、次回コミックマーケットカタログの「AIDE新聞」に掲載予定です。
※本稿は、コミックマーケット準備会の要請に応じて行われたワールドコン2007での筆者の講演を基に、文章化したものです。ここでは、コミックマーケットの成長に沿う形でコンテンツの歴史を概観したため、個別のコンテンツ分野における歴史や具体例を相当簡潔に省略していることをおことわりしておきます。



撮影:神社中村 協力:コミケット準備委員会
Produced by AIDE新聞編集部



本記事に対するご意見、ご感想、お問い合わせ等は下記住所までお送りください。
〒113-0001
東京都文京区白山1-19-6 共信印刷ビル
共信印刷株式会社 AIDE新聞編集部
e-mail:info@kyoshin.net

6

(←)前ページへ

目次
表紙
戦後コンテンツ文化の発展にみるコミックマーケットの意義 - その1
はじめに
1950〜70年代の社会状況の変遷とコンテンツ
70年代のコンテンツ系サークルの成立とコミックマーケットの誕生
80年代の社会状況とコンテンツ
80年代前半におけるコミックマーケット
80年代後半におけるコミックマーケット
メルクマールとなる1989年 ─むすびにかえて─
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD