共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ71カタログ出張版(発行:2007.12.9) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ92
アフターレポ
2017夏
コミケ92
カタログ
掲載版
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

―ブラジル、サンパウロでの雑誌の状況は?
カルロス:ブラジルでは7年間アニメ・マンガブームが続いていますが、現在アニメ・マンガ情報誌として出ているのは4誌です。『ULTRA JOVEM』はポップカルチャーが主な内容で、アニメ・映画・ゲーム全般を紹介。『ANIMATION INVADERS』はごく最近出た雑誌で、日本の文化を強く紹介。『NEO TOKYO』は日本や東洋のポップカルチャーが主な内容で、アニメ・マンガ以外にもJ-POPや中国・韓国のマンガも紹介。『ANIME DO』は日本のアニメシリーズを紹介している。JBCでも一時期『HENSHIN』というアニメ・マンガ情報誌を出していました。3年間出版されて人気でしたが、JBCが本格的にマンガを出版するにあたって会社の方針として情報誌よりマンガだけに力を入れようということで、なくなってしまった。ですが、『HENSHIN』という名はJBCのネットサイト(www.editorajbc.com.br)のタイトルとして残っていて、今でもネットで日本のアニメ・マンガの情報を流しています。
 さて、エジ・カルロスさんはブラジルではまだ数少ないアニメ・マンガコンベンションに出向き、同人誌を集めているコレクターでもある。
―日本の場合、平綴じが多いけど、こちらは中綴じもまだまだありますね。
カ:一昔前のブラジルの同人誌の状況では、オフィスサイズの紙を半分に割って中綴じにしたものを同人誌という認識。それでもう少し印刷とか凝ったものが最近出始めて、印刷屋を通じて色とりどりの表紙とか、サイズも雑誌やアメリカンコミックタイプ風に仕立てたものが最近やっと出てきた。画もそれなりにレベルが上がってきていますが、脚本力がまだ弱い。
―(1つを取り上げ)これは?
カ:これが日本の同人誌に一番近いものだと思う。作者は女の子たちのグループなんです。有名な『鋼の錬金術師』とか『ブリーチ』とかをもとに自分たちの視点でキャラクターへの思い入れを持ってサイドストーリーを描いたもので、ブラジルでは「ファンヒック」と呼ばれ、日本の同人誌に最も似ていると思います。
―なぜ日本の同人誌と似ていると思うの?
カ:私の知る限り、日本の同人誌は有名なアニメやマンガのキャラクターを自分なりの絵柄、ストーリーで話を作るというのが一般的だと思うので、これがそういう意味で日本の同人誌に近いと思います。もちろん、形は日本とは違うブラジル独特のものですが、内容は日本の同人誌に似ています。
―どれくらい前からマンガに興味を持ったの?
カ:現在は27歳ですが、7歳の時にあるマーケットに行って初めて日本のマンガを買いました。テレビでも日本のアニメは見ていましたが、マンガを手にしたのはその時が初めて。
―初めてマンガを手にした時の感想は?
カ:最初に画を見た時、今まで見たこともないような画だったので興味を惹かれました。それで手に入れてから時間が経った後に内容が分かり始め、最初自分が想像していたよりもさらに深い内容だったので、マンガというものを実感しました。
―コミックマーケットの参加者へメッセージを。
カ:そこに行けなくて非常に残念だけど、ブラジルでも頑張っていますので、この同人誌活動を支援して下さい。それによってまた新しい才能も出てくると思います。そして、ブラジルでも頑張っていつかは日本のコミケに出るつもりなので、そのときまで待っていて下さい。


どの雑誌にも日本の最新アニメ・マンガ情報が満載で、中には日本語講座のページを設けているものも
まだまだ未熟な面も目に付くが、その分大きな可能性も感じさせる同人誌の数々 ポルトガル語と共に拙い日本語で書かれたネームに、本家マンガへの強い憧れが見て取れる


13

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
コミケ71カタログ出張版
AIDE的に「米沢代表」を偲ぶ
「おたく訪ねて三千里」ブラジル編
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD