共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ71カタログ出張版(発行:2007.12.9) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号


「米沢代表」を偲ぶ


森川嘉一郎
(建築学者、AIDE新聞出張版67「ベネチアビエンナーレ国際建築展」特集にて取材)

■『コミックマーケットはやめません』

 「コミックマーケットを“美しく終わらせる”というお考えは、ありますか?」
 「コミックマーケットはやめません。たとえ老害と言われようと、続けることに意味があると思っています」
 2005年3月21日、くしくも米沢代表の52歳の誕生日に開催された、コミケットスペシャル4。そこで行われたヴェネチア・ビエンナーレのコミックマーケット再現展示の一環として、米沢さんと私とで、トークショーをすることになった。トークショーとはいっても、聴衆の前で、私が一方的に米沢さんにインタビューさせて頂いたようなものだ。その中で、最後の質問として聞かせて頂いたのが、「コミケの終わり」についてだった。
 米沢さんに初めてお目にかかったのは、まさにビエンナーレへの出展のお願いをしに、コミケットの事務所にうかがったときだった。初対面の得体の知れない若造が、国際建築展で「おたく」をテーマに展示をつくるという、いかにも怪しげな計画を携えて来たわけである。しかも、制作実費の一部が出るだけで、出展報酬などは何もないという。にもかかわらず、米沢さんは、即断で引き受けて下さった。それはおそらく、コミケにとってのメリットやリスクを秤にかけてというよりは、その怪しげな取り合わせに、何らかのチャレンジの対象を見出して頂けたからだった、と思う。
 トークショーが行われたコミケットスペシャル4という催し自体が、24時間耐久でコミケを行うという、前代未聞にして運営側にとってはいかにも過酷そうな試みだった。それを敢えて挑戦されたのは、コミケを生きたお祭りとして継続させてゆくためには、たゆまぬ変化と新鮮なモチベーションが不可欠だという、信念があったからだと思う。継続させていくためにこそ、変化が必要であり、その変化を楽しむためにこそ、継続させる必要がある。コミックマーケットは、そのようなフロンティア精神の実践だった。
 「たとえ老害と言われようと、続ける―」。その米沢さんの返答に、会場からは、自然と拍手が沸き起こった。それは、コミックマーケットを継続させていくということに対する賛意であると同時に、米沢さんのフロンティア精神に対するエールではなかったか。
 その精神を、引き継いでゆきたい。そうすれば、未来のコミケも、これまでと変わらぬ楽しい祝祭であり続けるはずだ。



4

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
コミケ71カタログ出張版
AIDE的に「米沢代表」を偲ぶ
「おたく訪ねて三千里」ブラジル編
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD