共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ70カタログ出張版(発行:2008.1.20) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■で、結局おたく文化は世界を救うのか?

助手:で、そのおたく文化って「世界を救って」くれるんでしょうか。
増田:その方向にいくと思いますよ。少女漫画を例にとりましょうか。エリートとしておたく思想を自分の国で広めようとしている人たちの存在は鼻持ちならないかもしれませんが、そういう人たちを媒介として、少女漫画という普通の女性が普通の女性の持つ悩みに正面から向き合えるメディアが普及するわけで、それを読む外国の若い女の子たちがいままでになかったものに触れて少し変わっていく、というのはいいことだと思います。とにかく欧米社会は、たとえば夫による妻の暴力的虐待が日本とは桁違いに多い社会なんですよ、実は。そういうものを耐え忍んできた女性たちにとって、こういう表現媒体っていままで一切なかった。女性でも知的エリートになると、いろいろな文学や演劇や視覚芸術から聴覚芸術、ありとあらゆるものが用意されていて、それを鑑賞し享受する能力のある人にとってはいい社会だけれども、ごくごく普通の大衆が難しい文学やまじめな演劇を見るわけはないので、そういう層の人たちにとって自分たちの日常の悩みを対象化できるようなメディアっていままでなかった。でもそれは少しずつ育ってきている。たとえば「NANA」とか「ハチミツとクローバー」なんかを英訳すると、固定の読者層がついてくるんですよね。それはすばらしいことだと思いますけどね。
共信:ちょっと愚問なんですけど、どうして世界を救わなくっちゃいけないのかな、と思ってしまったんですが。
増田:だって戦争のない社会のほうがいいし、日本型ヒーローが世界で広く認知されて、戦争になったときにも相手には相手の論理があるんだと疑って、引き金を引くときにそっぽ向いて引く人が増えて欲しいな、ということなんですけれどね。
助手:ただあとがきでも危惧されていらっしゃいますが、経済的に「救う」話なのかと誤解される方も少なくないと思うんです。世界経済の破綻を日本のおたく文化が救ってくれるのか?みたいな…。
増田:先にも述べたように、日本型ヒーローのあり方は、日本の大衆は漫画やアニメを通じて日常感覚として知っています。でも、知的エリート独裁社会にとっては、それは革命的思想なんです。日本の漫画やアニメを海外に輸出することは、すなわち革命思想を海外に輸出することです。だから、そんなもん金儲けになるわけがない。それで金まで儲かったら、話がうますぎます。輸出するときにはコンテンツ自体は薄利多売で売られるでしょうから、日本経済にとって意味のある貢献をするほどの金が稼げるわけはないです。ただ、たとえばアメリカでDVDの売り上げ1位になった『攻殻機動隊』では、女性がヒーローでしかも最後に悪の化身と合体するわけですよね。こんなことはアメリカン・コミックスの世界ではなかったから、新鮮なショックを受けたわけで。ということは、そのDVDの売り上げで押井守さん個人なりにどんな儲けがあったかよりも、はるかに意味のあることだと思うんです。
共信:それでは最後に、読者にメッセージをお願いします。
増田:別にないんですけどねえ(笑い)。自分の好きなことを一生懸命やってください。サークルさんはそれぞれに面白いものをつくり、一般参加者さんは好きなものを一生懸命探して買って、それで全体としてマーケットを続けていって欲しい、ということですね。


協力:増田悦佐、株式会社宝島社、代打BARA、コミックマーケット準備会
(以上敬称略)

編集:飯島修司
企画制作:AIDE新聞編集部



本記事に対するご意見、ご感想、お問い合わせ等は下記住所までお送りください。
〒113-0001
東京都文京区白山1-19-6 共信印刷ビル
共信印刷株式会社 AIDE新聞編集部
e-mail:info@kyoshin.net

6

(←)前ページへ

目次
表紙
『日本型ヒーローが世界を救う!』
〜著者:増田悦佐に聞く
好きな漫画は? / 株式アナリストと知的エリート
「日本型ヒーロー」って何?
知的エリートとアイデンティティ(自己同一性、あるいは共同体への帰属意識)
「日本の子供」はまだまだ健全!? / 世界を変える同人文化??
で、結局おたく文化は世界を救うのか?
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD