共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ70カタログ出張版(発行:2008.1.20) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■「日本の子供」はまだまだ健全!?

増田:あと、日本の子供の健全さって、将来なりたい職業がものすごく多様に分散していることではないでしょうか。欧米や中国、韓国などの子供たちの場合、80%以上が金と名誉のある仕事。たとえば一流会社の社長とか、弁護士とか、医者とかになりたいって集中するらしいんですね。それはもう明らかに病める社会の姿で、大工さんとか電車の運転手になりたい人間もいるっていう方がはるかに健全な社会だといえますよ。
助手:親の仕事を継ぎたい、っていうのも、日本独特の職業観ですよね。
増田:それに、ありとあらゆる職業を取り上げているのも、日本の漫画の特徴ですね。
助手:日本の漫画でもうひとつ特徴的なのは、レディスコミック、A5版の読みきりムック本がものすごく大量にあり、内容も多様なことではないでしょうか?。日本くらい幅広い年齢層、あらゆる女性のタイプに応じた漫画があるということが、海外では描き手にも読み手にもとても衝撃的なことらしいんです。
増田:そういうレディスコミックがマーケットとしてきちんと成立しているのは、年齢を理由にして「漫画を卒業しない」人がいっぱいいるってことですよね。世界中どこでも、子供のころから青年くらいまで漫画を読んでいても、その先は卒業してしまう人が圧倒的なのに対して。それは知的水準の問題として、トップレベルは高くないけれども、ものを読む習慣程度は維持している人たちが圧倒的に多いし、そういう人たちにとって、漫画は一度読むペースをつかんでしまうと、文字だけのコンテンツに比べてはるかに早く読めるし、その辺をひとつの読書習慣として保持しやすい。歳を取ってくると雑用が多くてまとまった本を読む時間はないけれども、漫画にしてあれば、活字だけの本で読むことの数分の1の時間で読めるというマーケットが連綿と続いている。それはすごく良いことだと思います。

■世界を変える同人文化??

共信:去年の12月で、コミックマーケットが30年を迎えたわけなのですが、同人のなかで行われているこのような表現に、可能性を感じますか?それとも、すでに行き詰まっていると思いますか?
増田:可能性は常にあると思うんですが、現状、内部がシステムとしてあまりにも育ってきすぎて類型化しているのでは、という感覚もあります。あれだけ大きなものになるとジャンル別っていうのはやらざるを得ませんが、逆に表現自体がジャンルに規制されるような段階に来ているのかな、と思うのですが…。それぞれのジャンルに定番的な表現方法がつきまとっていて、たとえば吾妻ひでおのすごいところは成熟した性的な表現をまったくの童女のキャラクターにやらせたことだと思うんですが、そういった冒険がある程度出尽くしてしまってそれぞれのジャンルに吸収されていて、そのジャンルを破るような表現が難しくなっているのかもしれません。ただそれはもう描く人の気力とイマジネーションの問題で、逆にそういうジャンルが少しずつ固定化しているからこそ、その殻を破るようなものが現れれば絶対に面白いはずなので、可能性は常にあると思うのですが、やりたいことはやりつくしてしまったのかな、という印象は持っています。
共信:「会社は何もしないでいると30年で潰れる」という説(会社30年説)がありますが、コミケットもこのままでは、そろそろピークなのかとも考えられますが。私としては、無くなってほしくないんですけれど…。
増田:最悪なのは、コミケットが夏と冬の「風物詩」というか、年中行事として続いてしまうことでしょうね。そうなったら危機的状況でしょう。
共信:男性向けのH本や、ある種の同人誌を買うだけだったらコミケットでなくても手段はいくつかある。そういう世の中になってしまったんですよねえ。
増田:日本の同人をやっている子たちくらい、前衛なのに前衛意識を持たないで、普通にやっている子たちっていないですよね。運動としていまやっていることは、世界的にみてもとても新しいものを作り上げてしまったのに、当の本人たちには、そういう大それたことをやっているという意識がまったくなくて、自分が好きなことをやっていたら、いつの間にかこうなってしまった。海外でおたく文化を積極的に評価して取り入れようとしている人たちというのは、明らかにそれぞれ自分の国の中での選民だと思っているでしょうね、自分のことを。その差はものすごく大きいことだと思います。
助手:一方でベネチアビエンナーレなんかをみると、新しいことをやっているという評価をされる一方、逆に日本の伝統、文化・文政のころからやっていることだ、なんていう人もいます。
増田:客観的に美術史から評価したりすると、要素としては何一つ新しいことはないわけだから、それはもう日本の文化・文政のころからの滑稽本の世界がそのまま連綿と続いてるものだ、なんていわれるわけです。でも生活のあり方まで全部ひっくるめたおたく的な存在っていうのは、今までなかったものが突然世の中に出現してしまったんだと思いますけどね。それはひとつの面では、日本の社会がいわゆる「定職」を持たなくても何とか生活していける豊かさを持ち始めたころに、自分は何に熱中できるのかを、ほかのことをあんまり考えずにやみくもに追求してしまう一群の人たちが生まれて、その人たちのライフスタイルっていうのが、いままでの世界には存在しなかったようなライフスタイルだったと。自分はまったく選民思想も前衛意識も持っていないけれども、あり方としてはまったく新しいものを作り出してしまったというのは、美術史家の発想にはまったくない部分だと思います。



5

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
『日本型ヒーローが世界を救う!』
〜著者:増田悦佐に聞く
好きな漫画は? / 株式アナリストと知的エリート
「日本型ヒーロー」って何?
知的エリートとアイデンティティ(自己同一性、あるいは共同体への帰属意識)
「日本の子供」はまだまだ健全!? / 世界を変える同人文化??
で、結局おたく文化は世界を救うのか?
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD