共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ70カタログ出張版(発行:2008.1.20) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■好きな漫画は?

共信:いきなりですが、増田さんご自身の好きな漫画は?
増田:生涯で一番好きな漫画は『マカロニほうれん荘』です(笑い)。
共信:やっぱりね!(一同爆笑)。
増田:あと最近『ベルセルク』を読んだら結構面白くて。最近の人のなかでは、広江礼威さんの『ブラックラグーン』(小学館Sunday GX Comics)は面白いと思いました。
共信:アニメはあまり観ませんか?
増田:「宮崎もの」が、個人的に好きじゃないんですよね(笑い)。
共信:この本の冒頭に「アメコミが日本で売れないのは経済障壁があるからだ」という電話がかかってきて、しょうがないから『マカロニほうれん荘』を例に挙げて日本漫画の面白さを説明したっていうエピソードが出てきましたが、それはいつごろの話ですか?
増田:90年代はじめくらいですね。91、2年くらいかな。

■株式アナリストと知的エリート

共信:株式アナリストの仕事って、基本的にどういう仕事なんですか?
増田:株式市場を調べて、会社の業績の格付けや、株価と比較しての売買のレポートを書くのが仕事です。
共信:それって、日本では知的エリートの仕事ですよね。
増田:いや、株式アナリストの仕事は、世界中どこでも知的エリートの仕事ですよ(笑い)。でも、そういう世の中は、膠着していると思います。日本のほうが進んだ社会だと思うようになったのは、やっぱりアメリカの大学院に通っていたころで、たとえば貧富格差とか、車社会で車を持てない人の悲惨さとか、そういう格差は桁違いですからね。しかも、表面的に差別が見える地域のほうが陽性の差別というか、まだましです。進歩的文化人が「この町には差別はないです」って言ってる地域のほうが、陰惨な気がしますけど。
共信:そういう認識は、自分が受けた教育に関係していると思いますか?
増田:ひとつ言えるのは、わりと「いい大学」といわれている学校に行けて、アメリカでも一流の大学の大学院に行ったりしてみると、知的エリートっていったって大したことはないというのが分かってくる。そういう大したことのない連中が、いつも危機と戦争と悲観論を煽り立てて、大衆の上に立とうと脅しをかけて、自分たちはいい生活をして、大衆は食っていけるぎりぎりに押しとどめている。そういう仕掛けがはっきり分かったってことでしょうね。
共信:やっぱり、外資系の会社でお仕事したりとか、そういう経験からお感じになっているんですね。
増田:いま、アメリカの大企業の社長の年収って、一般勤労者の年収の500倍なんていう人もいるんですよ(笑い)。たとえば、ゴールドマン・サックスという一流証券会社の会長から最近アメリカの財務長官に転職したハンク・ポールソンって人は、ゴールドマン・サックスの会長時代に稼いでいた年収が、給料分だけで3,000万ドル、約35億円ですから。
共信&助手:!?



2

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
『日本型ヒーローが世界を救う!』
〜著者:増田悦佐に聞く
好きな漫画は? / 株式アナリストと知的エリート
「日本型ヒーロー」って何?
知的エリートとアイデンティティ(自己同一性、あるいは共同体への帰属意識)
「日本の子供」はまだまだ健全!? / 世界を変える同人文化??
で、結局おたく文化は世界を救うのか?
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD