共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ69カタログ出張版(発行:2005.12.10) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■リトルボーイが「完全スルー」されたその背景■
 リトルボーイは、マンハッタン地区のイーストリバー脇、国連本部のすぐそばに位置するジャパン・ソサエティー・ギャラリーにて'05年4月8日にスタートし、7月24日、3か月にわたった会期の幕を下ろした。
 同展覧会には総計3万人以上が来場し、ジャパン・ソサエティー・ギャラリーはじまって以来のスマッシュヒットとなっただけでなく、地元ニューヨークでの報道量も膨大なものであった。また、日本国内においても新聞や一般誌などではかなりの頻度で取り上げられていたので、そうした記事に目を通した人も少なくないはずだ。
 ぼくも実際に4月5日〜10日まで渡米し、作品セッティング途中の煩雑な光景や、プレスカンファレンス、とんでもなく華やかな(もちろんそれがひどく鼻につく)オープニングレセプション風景などを取材したわけだが、ここではあえて、ぼくの主観に基づくリトルボーイ評は記さずにおきたいと思う(そのあたりをどうしても知りたいという奇特な方は、『美術手帳』'05年6月号をご一読いただければ。一刀両断にバッサリと書き綴っていますので)。
 が、ひとつだけ言っておくとすると――リトルボーイ以前に開催されたふたつの展覧会を実際にオタクが眺めた場合、おそらくは、「なんていい加減なことを……」とあきれ果てたはずだ。しかし、成田亨のウルトラ怪獣ドローイングが壁面いっぱいに飾られ、その奥に、岡本太郎の“太陽の塔”のオブジェが、大伴昌司の怪獣解剖図が、ヤノベケンジの“アトムスーツ・プロジェクト”が、そして、DAICON IVオープニングアニメーションを上映するモニターと大量の原画&セル画(なんと現存していたのだ!)が一同に集められた空間にはひどく感動したし、会場を訪れた見知らぬ白人たちといっしょにDAICON IV〜を眺めていたぼくは、思わず涙腺がうるっとしてしまった。
 もちろん、異国に出向いたとき特有のテンションの高さは差し引いて考えなくてはいけないが、過去2作と比した際、この展覧会が「オタクならば一見の価値アリ」というものであったことだけは胸を張って断言することができる。
20: 壁面いっぱいに飾られた、成田亨のウルトラ怪獣ドローイング。ものすごい迫力
21: 成田亨作品に続き、岡本太郎の太陽の塔、大伴昌司の怪獣解剖図、ヤノベケンジのアトムスーツ・プロジェクトが。なんたる高密度!
22: 怪獣解剖図の対面には、DAICON IVオープニングアニメーションのビデオ上映と原画&セル画が壁一面に
23: DAICON IV〜は、現ガイナックスのスタッフがアマチュア時代に手掛けたフィルム。オープニングでは、ガイナックス統括本部次長の神村康宏氏が解説役を務めていた

7

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
村上隆『リトルボーイ:爆発する日本のサブカルチャー・アート』展
そもそも「村上隆」とはいったい何者なのか?
なぜ村上はオタクから敵視され続けてきたのか?
過去2作とは明らかに異なるリトルボーイの内容
リトルボーイが「完全スルー」されたその背景
「パリおたく便り」第2弾
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD