共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ69カタログ出張版(発行:2005.12.10) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■過去2作とは明らかに異なるリトルボーイの内容■
 そして、話はようやくリトルボーイへと辿り着く。
 先述したように、リトルボーイはスーパーフラット・プロジェクト3部作完結編として企画され、森川のおたく展によりその内容を変化させたわけだが、村上がこの展覧会へ新たに託したテーマはズバリ“原爆”だった。
 森川のように「オタクのいま」を語るのではなく、「戦後急激に発達していったオタクカルチャーはいったいどこからやって来たのか?」というオタクカルチャーの根元的な起点と成り立ちを紐解こうこと決めた村上は、それを象徴するモチーフとして、広島に投下された原子爆弾のコードネームである“リトルボーイ”を、展覧会、及び同名のコンセプトアートブックのタイトルとして掲げたのである。

 その後、リトルボーイの文脈を組み立てていく過程において村上は、オタクカルチャーの中に第二次世界大戦敗戦国ならではのリアリティを見いだし、そこを足掛かりとして、「父親たる戦勝国アメリカに去勢され、温室の中でぬくぬくと肥え続けた怠惰な子供としての日本と、そうした環境ゆえに派生した奇形文化としてのオタクカルチャー」という強靱なロジックを構築することに成功する。
 結果から言うと、このロジックの構築により、それ以前と以降の村上は「別人」と化した。
 原爆投下により日本を去勢したアメリカに対し、戦争責任を追求するのではない。「オタクカルチャーが生まれたきっかけの一端はじつはあなたたちにあるのだ」という仮説を明示し、「それゆえに、この特殊な文化はあなたたちにとっても重要な文化となりえるのではないか?」と理詰めで問いかけるプレゼンテーション――ここには、Coloriageまでに見られた、無根拠な思い込みやある種の無邪気さはまるで存在しない。ロジックに裏打ちされた、「世界初の本格的なオタクの翻訳作業」とでも言うべきだろうか。
 そしてそこには、村上なりの、戦後日本文化の父たるアメリカへの「脅し」も込められている。
「……あなたたちが日本を強姦した結果から生まれた子供がこの奇形児なんですよ。そうした事実を無視し、この子を気味悪がりつつもテイストだけをかすめ取るような真似を続けたら、しまいにゃブッ殺しますよ?」
 もちろん、ここまではっきりとした台詞を村上が口にしたわけではないのだが、そうした旨は、ニューヨークでぼくと雑談している最中に発せられた「『スター・ウォーズからマトリックスまで』とかいう(日本のオタクカルチャーがアメリカへもたらした影響や恩恵の存在を無視するような)展覧会が生じないようにしたいよね」という言葉からも読み取ることができるはずだ。

 このようなコンセプトを掲げた結果、リトルボーイは過去のスーパーフラット・プロジェクト2作よりも、明らかにオタクカルチャー色の濃い展覧会と化した。
 過去の2作が「サブカルチャー作品の中にオタクカルチャー作品をこっそり混ぜた」という雰囲気であったのに対し、リトルボーイはオタクカルチャーとその担い手が全面的にフィーチャーされ、ファインアーティストの作品が「添えもの」としてしか見えぬほどの内容なのだ。
 成田亨、大伴昌司、小松崎茂、大嶋優木といった作家陣に加え、『機動戦士ガンダム』『新世紀エヴァンゲリオン』『ゴジラ』『ウルトラマン』『宇宙戦艦ヤマト』『アキラ』『ドラえもん』といったコンテンツがピックアップされ、さらに極めつけは、コピーライトなどの諸問題から日本国内での上映ですら困難な『DAICON IVオープニングアニメーション』(!)が大々的に取り上げられている点か。
 オタクカルチャーのことをほとんど何も知らない外国人に対するオタクプレゼンテーションとしては、「最強」と称してもあながちまちがいではないラインナップである。

17: 英訳された「憲法第九条」を前に、海洋堂製ゴジラのフィギュア群。「直球」な展示である
18: ゴジラの対面には村上のペインティング“タイムボカン”。原爆繋がりの、比較的わかりやすい演出
19: 北原コレクション(アンティークトイ)や、加藤泉のオブジェなどで構成された小部屋

6

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
村上隆『リトルボーイ:爆発する日本のサブカルチャー・アート』展
そもそも「村上隆」とはいったい何者なのか?
なぜ村上はオタクから敵視され続けてきたのか?
過去2作とは明らかに異なるリトルボーイの内容
リトルボーイが「完全スルー」されたその背景
「パリおたく便り」第2弾
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD