共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ69カタログ出張版(発行:2005.12.10) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

■なぜ村上はオタクから敵視され続けてきたのか?■
 こうしたスーパーフラット・プロジェクトがこれまでどのように扱われ、どのように評価されてきたかと言えば、「海外アートシーンでは高評価&超バカ受け、国内アートシーンでは(扱いに困るので)半ば無視状態、オタクシーンではひたすらバッシング」である。
 美術評論の世界では“SUPERFLAT”という新たな概念が完全に確立され、海外のアート誌などにも頻繁にこの単語が登場する……のだが、アートシーンでの扱いはひとまず置いておくとして、ここでの争点はやはり、オタクシーン内での扱いと評価だろう。
 このスーパーフラット・プロジェクトがスタートする以前から、村上は保守本流層のオタクたちからひどく嫌われ続けてきた過去がある。著名フィギュア原型師・ボーメ(海洋堂)をスタッフに招き入れた1/1美少女フィギュア制作プロジェクト“Project Ko²”('95年〜)が、保守的なオタクたちからすると鼻持ちならないものであったためだ。
 そのバッシング文脈は、「オタクとその文化を搾取してアートの世界へ売り飛ばす、植民地主義に基づく似非オタクアーティスト」というもの。ぶっちゃけた書き方をすれば、「オタクでもないくせにオタクカルチャーをモチーフにした作品を作り、まるでオタクの代表のような顔をしてそれをアートの世界へ紹介する行為は許せない!」という批判である。このあたりのくだりは細野不二彦が『ギャラリーフェイク』の1エピソードとして痛烈に描写していたが('00年9月)、細野は当時のそうしたオタクシーンの状況を風刺として描いたのではなく、細野本人が村上バッシングの筆頭であったことも重要なポイントのひとつである。
 ただし、ことさら村上を擁護するつもりもないのだが、ここには「オタク側が現代美術の構造を理解できなかった(真面目に理解しようとする努力が皆無だった)」という少々レベルの低いコミュニケーション・ブレイクダウンが潜んでいる。「他の世界で価値が固まっていたものを、アートのフレームに組み込むことで新たな価値を構築する」という行為や、「下請け職工に作品製作を発注し、できあがった作品を発注主自らの作品としてアートの世界へ発表する」という行為は、ポップアートの世界においてははるか昔からの定番であり、すでに世に認められた手法だ。
 つまり、村上に向けられていた批判の大半は「批判として成立していない批判」であったわけだが……もっとも、そうは言いつつも、村上バッシング層の瞳には、スーパーフラット・プロジェクトが「植民地主義の最たるもの」として映ったであろうこともまた想像に難くない。
 なぜならば、村上側の落ち度も少なからず目に余るものがあったためだ。
 村上は自身のことを、「オタクにあこがれを抱きつつも、オタク的資質の希薄さゆえにオタクになることができなかったオタク世代のアーティスト」として位置付けている。それゆえに、オタクとオタクカルチャーへ村上が抱くリスペクト心はオタクたちがオタクカルチャーへ抱くそれを(掛け値なしに)何倍も上まわっているのだが、ただし、「自分が直感的に気に入ったオタク作家やオタク作品をピックアップし、過去のオタク文脈との相対化も曖昧なままに、いきなりそれを美術館に陳列してしまう」という行為から、「オタクへのリスペクトを感じ取ってほしい」というのは正直なところ虫のよい話だ。「なぜ自分はそのオタク作家やオタク作品を選んだのか、なぜその作家や作品でなければいけなかったのか」を、まずはオタクへ向け、オタクたちが納得することのできる(オタクにも理解することのできる)言葉で説明するのが筋であり、道義ではないか?
 その点における村上は、「オタクに対し不親切かつ不義理」と批判されても反論できなかったように思う。
 つまり、オタクたちからの村上バッシングは、生じるべくして生じたコミュニケーション・ブレイクダウンであったと言うことができるのかもしれない。
14: ドラえもんのモデルとビデオ上映。その横には不二子・F・不二雄の原画も展示されていた
15: 小松崎茂の「パスト・フューチャー(過ぎ去った未来)」画は、万国共通の価値観に感じられた
16: 大嶋優木の美少女フィギュアに見入る。ペドフィリア的な雰囲気にドン引きの人が続出(笑)

5

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
村上隆『リトルボーイ:爆発する日本のサブカルチャー・アート』展
そもそも「村上隆」とはいったい何者なのか?
なぜ村上はオタクから敵視され続けてきたのか?
過去2作とは明らかに異なるリトルボーイの内容
リトルボーイが「完全スルー」されたその背景
「パリおたく便り」第2弾
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD