共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞イベントレポート「EPITANIME-エピタニメ-」(発行:2005.7.15) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

 さて、お茶や書道は「日本文化」としてフランスでも定番になっていますが、トーンの講習会というのは、おそらくフランスの全イベントを通しても初の試みではないでしょうか。マンガ自体の人気や認知度はフランスでもかなり高い所まできていますが、同人誌市場については、まだまだこれから、といったところ。トーンを使っている人も少なければ、使い方を良く知らなかったり、トーンの存在自体を知らない子もいたりします。しかし、日本のマンガにトーンは欠かせない存在。「(トーンを)たまに使ってはいるけど、使い方をちゃんと教えてもらったこともないし、自分のやり方で間違って使ってる部分がありそう。日本の人のテクニックを実際に見てみたい!」というフランスの同人の子達の声を聞いて、「それなら」と、今回の講習会が決定しました。講師にはプロの先生に来て頂き、トーンを触るの初めて!というフランス人にも分かりやすい、貼って、切って、削って、という一からの丁寧な講習をして頂きました。毎回時間になるとぞろぞろと参加希望者がやってきて、椅子に座り、大人しく先生の言うことに耳を傾けている様子は、まるで学校の授業風景。ウサギの耳を付けて座っている生徒さんがいたりして、それがまたアクセント。(笑)

文化コーナー:トーン講習会
 
 誰でも気軽に楽しめる書道、日本文化の真髄に触れるお茶、そしてマンガイベントならではと言えるトーン講習会。どれも、決して私たちだけの力では実現できなかったものですが、それぞれの催し物を担当してくださった先生方とたくさんのご協賛のお陰で、参加してくれた仏人の子達にも、エピタの主催者にも、そして私たち自身にも、とても喜ばれるものを実現することができました。この場を借りて、ご協力してくださったみなさんにお礼を申し上げます。どうもありがとうございました!(来年も文化コーナー主催予定です!)

同人誌ブース
コスプレコンクール
Eurojapancomic(ユーロジャパンコミック)
 2003年3月よりサイト www.eurojapancomic.com を立ち上げ、ヨーロッパを視野に入れたフランスのマンガ情報を発信。日本との様々な交流を企画、活動している。


3

(←)前ページへ ・ 最初のページに戻る(→)

目次
表紙
イベントレポート「EPITANIME-エピタニメ-」
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD