共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ68カタログ出張版(発行:2005.7.16) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

特別寄稿:森川嘉一郎『東池袋に「乙女ロード」はなぜ出現したか』

 今回のテーマを定めるにあたって、森川氏と打ち合わせをしていたおり、森川氏より「最近、秋葉原と比較して、池袋の同人ショップが女性向けにシフトしていることが気になる」という話題が出ました。
 そこで今回、秋葉原の同人市場の変化とも大いに関連あるテーマとして、東池袋地区の同人ショップの変遷、そして秋葉原と池袋にみる、男女同人の棲み分け傾向について、文章を寄せていただくことにしました。

●一般メディアで紹介される「乙女ロード」

 女性のおたく向け専門店の集中地帯が、東池袋にある。そのような情報が、この3月あたりから、新聞や一般誌で取り沙汰され始めた。一方、当のおたく側からのこうした紹介記事に対する反応をウェブ上で見ていると、意外と「知らなかった」という声が散見された。まだ秋葉原ほど、全国のおたくの間で認知されているわけではなかったということか。逆に、以前から池袋の漫画専門店に親しんでいる人たちの中には、「東池袋が女性向けに特化しているという書き方はいかがなものか」と批判する向きもあった。
 秋葉原におたく系専門店が集中していることが一般のメディアで取り上げられるようになったのは、おおむね2003年に入ってからのことである。男性向けのおたく系ニュースサイトには、2000年代に入る頃にはすでに、毎週のように秋葉原に関わる情報が掲載されるようになっていた。日常的に秋葉原に通い詰めていた人たちはもちろん、そうではない地方人であっても、おたく的な関心をもってウェブに接する人であれば、秋葉原が聖地化していることは周知のことだった。
 逆のとらえ方をすれば、マスコミは2003年になるまで、あまり秋葉原の状況になど関心を向けてこなかったとも言える。2003年の3月には、『千と千尋の神隠し』がアカデミー賞を獲っている。これにより政府が今後の輸出商品の有望株にアニメを位置づけるようになり、ビジネスの面から「オタク産業」が注目を集めるようになった。そのような方向での関心の高まりが、以降、一般のメディアが秋葉原に視線を向ける際に少なからず作用するようになっている。2004年になるとシンクタンクやアナリストたちが「オタク市場」の推計規模を発表しだし、2005年には「萌え市場」「萌え銘柄」なる言葉まで踊るようになった。さらに、アキバ系おたく男の恋を題材にした『電車男』が、映画化と相乗して100万部を突破するという事態も並行して起こっている。
 東池袋に女性のおたく向け専門店の集積地ができていることが、まだ当のおたくの人たちに浸透しきっていない段階で早くも一般誌に載るようになったのは、「オタク」と「秋葉原」とが一般の間で話題性を帯びるようになった、ここ1、2年の状況と関係しているだろう。そうした記事の中で、必ずと言ってよいほど「オタク男の聖地と化した秋葉原」の「女性版」というとらえ方で「池袋」が紹介されていることに、これは表れている。
 一般メディアでの露出の端緒となったのは、今年の2月から3月にかけて、共同通信を通じて複数の新聞に掲載された、評論家の藤本由香里氏による「乙女の聖地・池袋 秋葉原とのすみ分けへ」という見出しの記事である。「東京・池袋に『乙女ロード』というのがあるのをごぞんじだろうか?」と始まるこの記事では、次のように「乙女ロード」を紹介している。

かつて家電の街であった秋葉原が、パソコンの普及とあいまって、いまやゲームや同人誌、フィギュアやグッズなど、おたく、それも男おたくのための街に変容したことはよく知られている事実だが、最近では池袋に、その女性版が形成されつつあるというわけだ。
「おたくの聖地・秋葉原」に対する「乙女の聖地・池袋」。
(2005年2月9日共同配信、上毛新聞3月21日などに掲載)

ここで使われている「乙女ロード」「乙女の聖地」というフレーズにおける「乙女」という言葉は、どのように説明されているのか。これについては、日経新聞の付録紙NIKKEIプラスワンに載った「女性向け市場に大手参入」という記事中の解説を引用する。

乙女系とは、女性ファンに向けた小説や漫画、ゲームの総称です。内容は大きく二つに分類できます。
ひとつは女性の主人公と美少年との恋愛を描いたもの。
(略)
もうひとつは美少年同士の恋愛を描く「ボーイズラブ」という分野の作品。
(NIKKEIプラスワン2005年6月11日)

ちなみにこの記事でも、「家電の街だった秋葉原がオタクの街 へと変化したように、池袋も乙女の街になる兆しがあります」としている。そしていずれの記事でも「乙女ロード」という呼び名を、漫画情報誌「ぱふ」によって命名されたものとして紹介している。
 「ぱふ」誌はこれまでにも「乙女ロード」というフレーズを幾度か池袋に関連した記事で用いているが、初登場は2004年5月号である。「途中下車の旅〜池袋編」という、池袋のおたくスポットを紀行風にレポートした記事の頭の方で、「この辺は女子向け同人&グッズショップの密集地帯で(ユ)と(布)は勝手に『乙女ロード』と呼んでいます」としている。(ユ)と(布)は記事を担当した二人の女性編集者の記号で、編集長の竹内哲夫氏にうかがったところ、「乙女ロード」というネーミングは編集会議の中で彼女たちによって発案されたものだという。
 なお、この「途中下車の旅〜池袋編」は、2004年1月号掲載の秋葉原編に続く記事で、秋葉原では男性向けばかりだったのでその「リベンジ」を、という趣向で書かれている。企画としては「池袋特集」がまず浮上したが、いきなり池袋だと唐突感があるため、全国区でおたくの街として知られている秋葉原をまず取り上げ、それを枕にするような形で池袋をフィーチャーする、という順序にしたという。女性の漫画・同人誌愛好家を主たる読者とする「ぱふ」誌においてさえ、2003年末の時点で池袋を街モノ特集の筆頭に取り上げるのは唐突だと編集部が判断したことは、興味深い。そしてここでも、「漢の世界」秋葉原に対する「乙女の街」池袋、という構図が採用されている。


池袋「乙女ロード」を構成する主要専門店の分布(作図:森川嘉一郎)
 

7

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
秋葉原が変わる!?駅前再開発と『趣都』のこれから−
『趣都の誕生』から3年、秋葉原は変わったのか?
「電気街口」駅前に突如出現した異空間?
秋葉原への新たな足「つくばエクスプレス」
そして、「アキバ系」の未来はどうなる…?
特別寄稿『東池袋に「乙女ロード」はなぜ出現したか』
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD