共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ67カタログ出張版(発行:2004.12.11) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

権威ある国際建築展の一角に突如再現された、ディープなおたく空間。現地の人、あるいは日本以外から来た人たちは、日本館の展示をどのように受け止めたのだろうか。会場で、さまざまな年齢や職業の人に話を聞いてみた。それにしても、答えてくれた方々の丁寧な態度には感心させられた。はじめ尻込みしていても、最後には誠実に話してくれる。しかしイタリアの人たちは、みんな日本のアニメをよく知ってるなあ。
●建築専攻の学生カップル
女性:私たちにはこうした文化がないので、同じような展示はつくれませんが、ここには日本ならではの文化や考え方が凝縮されていると思います。マンガを通じて建築を表現できることは、私にいい意味で強烈な印象を与えてくれました。
男性:入った瞬間は、これのどこが建築?と思いましたが、解説文を読んだり、秋葉原の変遷についての展示を見て、こうした都市の変化も、建築の要素の一部なのだと理解できました。
●学生のカップル
男性:僕が一番気に入ったのは「おたくの個室」です、これほど強烈なコレクターがいるのが、日本の文化の特徴だと思います。それにしても日本の部屋は広さが限られているので、おたくの人たち、コレクションの保管は今後どうするんだろう、と一瞬考えてしまいました。でも今ならデジタルデータにしてCDなどで保存できるので、彼らもまだまだ大丈夫だと思い直しました(笑い)。
女性:私たちは、実際にはおたくの世界を知らないので、この展示に正直リアリティはそれほど感じません。でも、私も小さい頃からアニメを観て育っているので、それが私たちにとっては「伝説」のような存在でもあります。例えば、鼻水を垂らした小さなバスケット選手の話(ダッシュ勝平?)、私はおたくではありませんが、とても好きなアニメでした。
●アメリカ人、建築専攻の学生
建築空間としては面白いと思いますが、いわゆる「もの」「商品」の展示が多くて、そこが他のパビリオンと比べて大きく違う点だと思います。マンガについては全然知りません。アメリカでも日本の映画や雑誌は数多く紹介されていますね。ただ、自分は個人的に興味がないだけです。
●30代?社会人風
私は以前に日本文学を勉強したことがあるのですが、ここは日本の文化がよく表現されたパビリオンだと思いました。他に比べて展示内容が豊富なところが、特に気に入りました。

6

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:世界同人紀行〜おたく訪ねて三千里「イタリア特別編」
イタリア・ヴェネチアのあらまし
共信マンのヴェネチア「ずっこけ」道中記…
日本館って、どうですか?
ビエンナーレ日本館、そしておたくと建築の意外な?共通項とは…
「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」そして「日本館」への思い。
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD