共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ67カタログ出張版(発行:2004.12.11) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

一般公開初日、日本以外から来た観客のみなさんに、
ズバリ聞いてみました

『日本館って、どうですか?』

 この日は、来場者に取材をするため、会場で通訳さんと待ちあわせていた。ところが、通訳さんからおびえた様子で電話が入る。「ぜひ私の話を聞いてください」と言ってずっと待っている、ヘンな人がいるというのだ。そして我々が会場で出会ったのは「『北斗の拳』のファンです」と称する、イタリア人男性だった…。
●『北斗の拳』おたくのお兄さん、30歳
一見やっぱり怖そう?でも、話し始めると「おちゃめスマイル」に早変わり…

−『北斗の拳』ファンだそうですが、好きなキャラクターは誰ですか?
 トキです!!子供の頃から『北斗の拳』を見ていましたが、中でも主人公のケンシロウを助ける役割である、トキが好きでした。彼の生き方は、私の人生においても大いに学ぶべきところがあると思っています。
−日本のマンガやアニメをよく観ているんですか?
 はい。私は、ヨーロッパにももっと日本のマンガやアニメを広めたいと思って、バンドをつくりました。バンド名は「ケンシロウ」といいます(一同笑い)。『北斗の拳』のストーリーを音楽にたとえて曲をつくり、活動しています。北斗七星は体に刻まれてはいませんが、メンバーは7人にしました。自分が苦しいときは、バンド活動によって元気を得ている気がします。「おたくの個室」の彼らがマンガやアニメを励みにするのと同じように、私も「ケンシロウ」の活動が励みになっているんです。
−日本のマンガやアニメと、ヨーロッパのそれとの違いは、何だと思いますか?
 私は、マンガやアニメは今の社会を反映する鏡のようなものだと思っています。ヨーロッパ製のマンガは、社会を反映していません。でも日本のマンガは、社会を反映することに成功していると思います。ファッションなどだけではなく、人間の生き方や社会のありかた、日本の哲学的な面までを反映しているのではないでしょうか。イタリアでも、このような意識を持ってマンガを描いている人もいますが、商業ベースにはのせられず、ネットを通じて発表するのにとどまっているのが、現状だと思います。しかし、私は今30歳なのですが、私の年代は、ルパンや他のマンガ・アニメを見て育ち、マンガやアニメを通じて希望を得てきた世代だと思います。『北斗の拳』は、自分の人生の一部なんです。建築家であり、ジャーナリストであることも自分の仕事ですが、『北斗の拳』を語ることは自分にとって欠かせないことなんです。
−えっ、建築家?では関係者なんですか?
 はい。私は建築家で、建築雑誌に寄稿などもしています。ミラノのマリオ・ベリーニという建築家の事務所で働いています。
通訳さん:えっ!?とても有名な建築家の方の事務所じゃないですか!すごいですよ!(さっきまでの態度から一変、安心しきった様子で、完全に舞い上がってしまう。ちなみに、マリオ・ベリーニは世界的に有名な建築家・工業デザイナーで、日本にも作品が多数紹介されている)
−(一同)そうなんだ!!す、すごい…
 今回も、実は搬入に参加しているんです。
−では、建築家として今回の日本館の展示をどう思いますか?
 マンガという2次元的なものを、空間を使って表現したのが、このパビリオンの素晴らしい点だと思います。私は建築家ですので、空間のアレンジの難しさは分かっていますが、日本館はそれをよく消化したと思います。また、おたくが集まって、自分たちの街、自分たちのコミュニティをつくっていくことは、素晴らしいと思いました。他の人が見たら、さっぱり理解できないかも知れませんが、私もおたくですからその素晴らしさは分かります。
−一番気に入ったコーナーはどこですか?
 「おたくの個室」です。私が一番好きな個室は…(案内してくれる)この部屋です(等身大フィギュアのある部屋、一同爆笑)。これこそ本当の、おたくの部屋だと思います。フィギュアに話しかけることもできるし…。私なら、ケンシロウの等身大フィギュアを置いて、話しかけたり、戦ったりしたいですね(笑い)。
「おたくの部屋」コーナーで。彼が「一番好き」と答えたのは左上の部屋。

(ここで、彼のフィアンセが登場。彼女も建築家だそうだ)
 私はよく、「あたたたたた」とか言って彼女に『北斗の拳』ごっこを仕掛けるんですが、すごく嫌がられます(一同爆笑)。でも結婚するんだから、この程度は認めて欲しいですよね。
…建築のエリートで、しかも日本おたくの素晴らしい理解者!いきなりこんな人に出会えるなんて、なんてラッキーなんだ。彼に勇気づけられ、取材にいっそう力の入る共信マンであった。

フィアンセとのラブラブ2ショット。得意顔の彼に対して、彼女の「うちの彼がすいませんね〜」というすまなげな表情がかわいい。


5

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:世界同人紀行〜おたく訪ねて三千里「イタリア特別編」
イタリア・ヴェネチアのあらまし
共信マンのヴェネチア「ずっこけ」道中記…
日本館って、どうですか?
ビエンナーレ日本館、そしておたくと建築の意外な?共通項とは…
「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」そして「日本館」への思い。
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD