共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ66カタログ出張版(発行:2004.7.16) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ92
アフターレポ
2017夏
コミケ92
カタログ
掲載版
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

同人webサイト『ANIMEXX』の
運営委員に話を聞いてみる...。

 実はミーティングの前日、事前にアポを取っておいた『ANIMEXX』運営メンバーのひとり「フロリアン・シェーファー」さんから、話を聞くことになっていた。フランクフルトに到着して、ドイツの空気を味わう間もない、さっそくの取材...。期待と不安が入り交じる共信マンだった。

インタビューに応じてくれたシェーファーさん。隣は通訳の乾さん。

−はじめまして、まずは自己紹介をお願いします。
シ:ドイツのマンガ・アニメファンのためのサイト『ANIMEXX』の、運営委員会メンバーのフロリアン・シェーファーといいます。25歳です。『ANIMEXX』では、普段の活動はネット上で行っていますが、それ以外にコンベンションなども運営しています。
−『ANIMEXX』が立ち上がったのはいつですか?
シ:2000年の1月です。
−何人くらいで運営しているんですか?
シ:5人の中心メンバーがいて、全体では50人くらい、常時活動しているのは20〜30人くらいです。ただ、私たちが運営するコンベンションのときなどは、100人くらい集まって活動します。
−『ANIMEXX』のサイト運営は、どのように行っているんですか?
シ:プログラマーが約8人、企画のスタッフがその倍くらいいます。情報はドイツ全国から集めますが、スタッフは近郊の人間です。
−みなさん、他に職業を持っているんですよね。
シ:はい、みんなそれぞれ自分の職業があり、この活動はホビーとしてやっています。
−『ANIMEXX』にはどんなコンテンツがあるんですか?
シ:ニュース、情報、イベント告知、日本食レストラン、世界中のコミックショップの情報、日本や世界各地の、アニメ・マンガに関する記事、これまでの全てのマンガ単行本のリストなどです。
−じゃ、サイトを見れば、必要な情報はほぼ分かっちゃいますね。
シ:そういうサイトを目指しているので(笑)。他にも、チャットやフォーラム、オンラインギャラリーなど、参加型のコンテンツもあります。新しいコンテンツとしては、オンラインで囲碁のできるページを作りました。いま計画中なのは、コスプレ写真の掲載、オンラインでの同人誌の掲載などです。現在は1日で150万のアクセスがあり、フォーラムにもたくさんの人が書き込んでいます。イラストなども、現在までに約18万件の投稿があります。
−オフラインでは、具体的にどんな活動を行っているんですか?
シ:まず「CONNICHI」(コンニチ)というコンベンションです。9月の週末に3日間行われますが、昨年は3000人来場がありました。昨年のイベントでは、初めて同人マンガのコンテストを行いましたが、全国から800人の応募があり、うちベスト3の入選作品を収めた本も作りました。2002年から始めて、今年で3回目です。
−それにしても、これだけ大きなアマチュアの組織で、統制がとれなくなったりしませんか?
シ:役割分担が徹底しているので、そういうことはありません。運営委員はコンベンションなどで顔を合わせるので、たいていは顔見知りの間柄です。メンバーはドイツ全土に散らばっていますが、用件はメールや電話で伝えられます。ただ、どうしても全員が揃うのは「CONNICHI」のときだけですね。
−すごいネットワークですね。でも、対立した時はどうするんですか?
シ:徹底的に話し合います(笑)。最終的には、理屈のしっかりした方が勝ちですが(笑)。
−(笑)。こんどは、同人誌についてお聞きしたいのですが。ドイツでも、同人誌は、商業誌ではなく自主的な出版、という意味で定義されているのですか?
シ:商業ベースでないところで、ファンが勝手に描いているマンガ、という認識です。例えば、あるマンガ作品があったら、自分で勝手にその先の話を考える、で、勝手に描いてしまう。あとは、まったく商業ベースに載らないマンガを描いている。それが「同人誌を作る」ということだと考えられています。
−ドイツで同人誌を作っている人は、どのくらいいるのですか?
シ:『ANIMEXX』のサイトで把握している数では、個人ベースで4000〜5000人くらいです。
−ヨーロッパ各国の中では、多い方かと思うのですが...。
シ:そうかもしれませんが、本を作る以外に、ネット上で作品発表をしている人もいます。私たちのサイトのオンラインギャラリーなど、そういう場でイラストを公開している人もいます。
(次ページへ)
これが『ANIMEXX』のサイト(http://www.animexx.de/)。左上がトップページ、ほぼ毎日更新されている。右上は、同人誌紹介のページ、下はファンアートのページに投稿されたイラスト作品の一部。


5

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:世界同人紀行〜おたく訪ねて三千里「ドイツ・フランクフルト」編
フランクフルトのファンミーティングぶらぶら同行記
同人webサイト『ANIMEXX』の運営委員に話を聞いてみる...。
『ANIMANIA』誌編集長の荒岩暁さんに聞く
追伸:パリおたく便り(第1回)
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD