共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ66カタログ出張版(発行:2004.7.16) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ92
アフターレポ
2017夏
コミケ92
カタログ
掲載版
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
フランクフルトのファンミーティング
ぶらぶら同行記

 今回の取材のメインは、ドイツのマンガ・アニメファンのグループ「Frankfurter Anime Treffen(フランクフルトアニメの会)」のミーティングだ。ミーティングといっても、メンバーが三々五々集合し、本屋でマンガを漁って、その後会食をするという、日本のサークル草創期のような、のんびりしたものなのだが。それにしても、ドイツのマンガ書店って、どんな雰囲気なのだろうか...?

フランクフルト中央駅に、なんとなく?集まる参加者の面々、なかなか全員が揃わない。ドイツの人って、几帳面だと思ったんだけどな…。

集合時間は30分も過ぎてるんだけど…?と思ってる間に、なりゆきでぞろぞろと出発。あいにくの雨だが、みんなの足取りは楽しげだ。

街角にこんなポスターが!いったい『セーラームーン』の何を告知しているんだろう?

1軒目:在独日本人向けの便利ショップは
「おたく天国」だった!?

本来は現地在住の日本人が利用するためにできたお店「OCS」。でも、彼らにとっては日本の最新情報に触れられる大事な場所だ。一般の雑誌や新聞も、日本の発売日から数日後には入荷するらしい。

お店の前景。アニメのポスターが大々的に貼られている。やはり「その筋」のファンが多く来店するのだろうか。

店内のようす。「本」がデカい!!

こ、こんなPOPまで置いてある…。

イラスト集やトレカ類も置いてあった。

書道用具や履歴書用紙まで!!


おや?ひとりがお買いもの…よく見たら日本語の学習本だ!


古本らしい雑誌類も売られている。

番外編:共信マンが独自調査?したドイツの書店

出版や書籍の見本市が盛んで、本好きと言われる?ドイツ人。大きな駅のショッピングモールには、必ず2、3軒の書店があるのに驚いた。しかも、店内をよく見ると「MANGA」と大書されたコーナーが...。いつの間にか、日本の「マンガ」という言葉も随分メジャーになったものだと、感心する共信マンだった

左:フランクフルト中央駅コンコースの、ショッピングモール。書店以外にも、いろいろなお店があるぞ。

左下:モール内の書店。マンガの品揃えも多いな、と思ったら...。

下:コーナー表示に「MANGA」という文字が!思わず拡大してみました。

1.OCS  2.Terminal Entertainment  3.COMICA
4.SUSHIMOTO 鮨元(日本食レストラン)
フランクフルト市内には、もともと「Comicladen Franke」というコミックショップがあり(現在もあるそうだが)、そこから独立してできたのが3軒目(次ページ)の「COMICA」、さらに「COMICA」から独立して、2軒目(次ページ)の「Terminal Entertainment」が開店したのだそうだ。
ここからも、ドイツのマンガ市場が年々拡大していることが伺える。

2

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:世界同人紀行〜おたく訪ねて三千里「ドイツ・フランクフルト」編
フランクフルトのファンミーティングぶらぶら同行記
同人webサイト『ANIMEXX』の運営委員に話を聞いてみる...。
『ANIMANIA』誌編集長の荒岩暁さんに聞く
追伸:パリおたく便り(第1回)
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD