共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ65カタログ出張版(発行:2003.12.5) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

Round4.
若者の街、サイアムスクエアの書店にて

 マックスさんの話を頼りに、若者が集まる街「サイアムスクエア」でマンガ専門店を探すことにした。…が、なかなか見つからない。聞くところによると目的の店はすでに無く潰れたとか。20分程迷い、あきらめて帰りかけた時、少女漫画が置いてある店を見つけ入ってみた。その店でやんわりと写真撮影を断られながら、2冊の単行本を購入する。ふと見ると隣にマンガ専門店があるではないか。早速娘さんに話を聞いた。

日本の少女マンガらしき単行本が置いてあった店「ムックチン」 そこで買った単行本。コピーライトは確認できず。

●マンガ専門店「O-ZONE(オーソー)」
−このお店で今一番売れている単行本はなんですか?
お店で売れている日本のマンガはやはり『(名探偵)コナン』です。
−他に売れている作品は?
『はじめの一歩』が格闘ものでは一番売れています。ボクシングものです。
−少女向けでは?
『PEACH GIRL』です。15巻まで出ています。あと、日本のファッションを紹介した雑誌も売れていますね。
−タイのもので一番売れているものはなんですか?
『ダン・トゥアン・ハルタイ』という本です。この店はマンガ専門店なので、日本のマンガの方が皆さん興味があるみたいです。
−この店に同人誌は置いてありますか?
同人誌は置いてありますが、本当に数冊です。今はありません。(どうも同人誌というよりは出版社から出ていない本のことのようだ)
−お客さんはどういう人たちが来ますか?
午前中は大学生が多く、午後からは社会人と学生、夕方から夜にかけては子供から大人まですべての客層が来ます。
(そこに、息子のジュッツアンさん現れる。彼はフィギュア集めを趣味にしているそうだ)
この店は、前はもともと模型専門店だったんですが、仕入れの問題や利益を考えて、マンガの取り扱いを増やしたんです。
−このフィギュアはどうやって集めたんですか?
これは日本や中国(主に香港)から入ってきたものです。上は売り物ではなく飾りです。下の段は売り物で、人が作ったものも委託で売っています。その他に家にも沢山置いてあります。私はウルトラマンが好きです。模型の専門誌もあります。(と、店に置いてあった香港の模型イベントのカタログや、『ホビージャパン』などを出して見せてくれた)

「オーソー」の店頭。マンガの単行本が積み上げられている。その陰に模型やフィギュアが飾られているウィンドウが見える。
写真左:模型マニアのジュッツアンさん。お気に入りの仮面ライダーのフィギュアを手に、はいポーズ。タイにもホビージャパンの真似をした「ホビー・アンド・トイズ」という本と「Mast」という模型雑誌が出ている。誌面でフィギュアコンテストも行われているそうだ。
写真右:ジュッツアンさんのフィギュアコレクション。とにかくすごい数だ!
店内の様子。ポスターなどで飾り付けられた中に祭壇があるのが、いかにもタイらしい。
ジュッツアンさんのお母さんと娘さん。店番をするお母さんの笑顔と大きなテレビと日本のアイドルのポスターがかっこいい。

5

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:共信マンのバンコクおたく紀行
Round1.
まずは貸本屋へアタック!
Round2.
ふらりと街角の書店へ…
Round3.
『バンコク週報』の記者、マックスさんにインタビュー
Round4.
若者の街、サイアムスクエアの書店にて
Round5.
バンコクのミニ・アキバ?「マーブンクローン」内のマンガ書店にて
タイにおけるマンガ/アニメーション事情とイベント報告
タイのコスプレイベント参加者のみなさんに聞いてみました
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD