共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ64カタログ出張版(発行:2003.7.19) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

『BD/バンド・デシネ』ってナンだ?
作家が語るBDとアメコミとマンガと

 取材インタビューは進み、次に我々は、フランスの「おたく」ともいえるKARA氏に出会うことになる。KARAというのは、BD(バンド・デシネ)作家に評論家、イベントのスタッフとしても活躍する彼のペンネームだ。このインタビューにより我々は、フランスを取材するうえではBDを避けて通れないことを知る。前述の書店「アルバム」も、実はKARA氏に教えてもらったのだ。


自作イラストを見せて話をするKARAさん。


―まず、ご自身の活動を紹介してください。
 主な活動はBDの制作、それに日本マンガの書評に、『アニメランド』と『Bodo 』という雑誌に記事を提供しています。学生時代は、ゴブランという地域のアニメ専門学校で、アニメの絵コンテを勉強していました。
 この本は2年前に出版したものです。こちらが、1ヶ月後に出る本の表紙です。あと2日で描き終える予定です。(と、イラストをファイルから取り出して見せてくれる)
―マンガ家になって何年経ちますか?
 この業界でイラストを描いたりし始めてからは7〜8年経ちますが、マンガ家としては5年です。今は、いろいろな仕事を並行してやっているので、マンガ制作に専念できない状態です。マンガだけに没頭できれば、もっと早く単行本を仕上げられるのですが…。
―カラー作品は、CGで彩色しているのですか?
 まず手描きで白黒原稿を描き、Photoshopで彩色します。ペン入れしたものを使うこともありますが、自分は鉛筆で描いた質感が好きなので、鉛筆描きの下絵を、コントラストを上げてスキャンして使う場合もあります。数年前までは、鉛筆の原稿をそのまま使うのは難しかったのですが、今はパソコンがあるので、ある程度自由に加工できます。そのお陰で、表現の幅は広がりました。もちろん、作家によって質感の好みは違いますし、筆を使って彩色する人もいます。
―1ページ当たり、何時間くらいで彩色できますか?
 通常1ページ2日、複雑な絵では1週間かかることもあります。フランスでは、大抵シナリオ作家、作画、プラスもう1人の3人で一冊を制作しますが、私は全てひとりで作業しているので、人より時間がかかります。
―では、アイディアから最後の入稿まで、単行本1冊にかかる時間は?
 この本の第1巻は3年間です。ただこれは時間をかけ過ぎました。第2巻はもっと丁寧に描き込んでありますが、1年半くらいで作りました。理想としては1年ですね。10ヶ月前後で仕上げる人もいますが、早く描くには経験が必要ですし、かかる時間はその作風にもよります。
―フランスのBD全体についてお聞きしたいのですが、BDの単行本の、一般的なページ数と価格を教えてください。
 一冊大体44〜48ページ、または52〜56ページと決まっています。つまり、44〜56ページです。そのボリュームで、一つの作品が3巻くらいまで続刊されます。人気が出れば10巻以上続くこともありますし、中には、20年、30年、50年と長い人気を保つ作品もあります。価格は一冊12.5ユーロ(約1,400円)くらいで、 あとはサイズやページ数によって変わります。
―こんなにきれいな絵と装丁と印刷で1,400円ですか!?安いですねえ!(笑)。1Pあたりのコマ数が6コマ前後なんですが、これはKARAさんのポリシーなのですか?
 特に決まりはありませんが、フランスやベルギーのBDは、画面が大きく大体A4判くらいが標準で、通常は1ページ当たり5〜6コマです。場合によっては1ページを15コマ以上に分けることもありますが。
―フランスには、プロのBD作家といえる方は何人くらいいるんでしょう?
 2000年に出た雑誌の報告データを見たのですが、最低3冊以上単行本を作っている人が作家と認められ、それで約1500人でした。単行本も、毎年1500点くらい発行されます。政府の発表によると、国内の経済状態の悪化にもかかわらず、マンガ市場は対前年比30%以上の伸びがみられるそうです。政府もマンガ業界に注目しています。
―日本のマンガが入ってきたことによって、BDを取り巻く環境にも変化があったのですか?
 80年代のBDは、大きく2種類に分かれていました。ひとつは大人用の、芸術的に非常に質が高くて、子供には読めないようなもの、もう一方では『タンタン』のように、キャラクターが古臭い作品。90年代はじめに日本のマンガが入ってきた際、その中間の年代層に受けいれられたことが、日本マンガが急激に普及した理由のひとつではないかと思います。
 また、BDの読者は80年代までほとんどが男性でしたが、現在はBD界でも、女性読者の確保が新しい課題になりました。日本のマンガ、特に少女マンガが入ってきたことで、マンガファン全体の読者比が男女ほぼ同じになり、BDも、今までの男性のみにウケる表現から脱皮する段階に来たのが、現在の状態だと思います。


10

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:フランスおたく文化事情
イベントと雑誌に見る、フランスのオタクをめぐる環境
パリの「おたく通り」に行ってみました!
『アニメランド』編集部を訪ねる
作家が語るBDとアメコミとマンガと
フランス流、同人誌の作り方
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD