共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケ64カタログ出張版(発行:2003.7.19) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

◎アニメ/マンガと日本文化の総合情報誌…JAPAN VIBES

 『JAPAN VIBES』(ジャパンバイブス)誌は1年前に創刊され、隔月刊、定価4.9ユーロ(約700円)で発行部数は4万部。5月発売の最新刊を見てみると、誌面全体の8割がマンガ/アニメの作品紹介やDVD情報だが、特徴的なのは残りの2割だ。全体で20ページほどが、日本の音楽や映画、流行などの紹介に割かれている。J-POPコーナーでは、特集が「モーニング娘。」に「Do As Infinity」、映画コーナーでは三池崇史監督作品の紹介、さらに旅行情報ページでは浅草の観光案内や回転寿司のお作法など、ユニークな記事を載せている。

「JAPAN VIBES」の誌面より。「ブンカ」と書かれたページには、回転寿司のお作法が、食べ方から値段の見方まで事細かに説明されている。
編集長のPAVIUS氏

 編集長のJonathan PAVIUS氏は、「マンガから始めて、徐々に日本の文化にも興味をもってもらいたい」と語った。
 というのもPAVIUS氏は、叔父さんが日本人女性と結婚した関係で、幼い頃から漫画をはじめ、さまざまな日本文化に触れる機会が多く、彼の中では「マンガ」も「文化」も「日本」という一つのカテゴリの中で自然に並立していた。しかし、一般のフランス人はマンガと日本文化が必ずしも結びついていない。彼は、マンガに描かれている描写には「日本」を知らなくては分からない、また面白さが半減してしまう部分もあり、マンガを本当に楽しむには、マンガ(の吹き出し)を「読む」だけではなく、背景にある日本の「文化」を理解する必要があると常々感じていた。
 しかし、実際に日本の文化に触れる機会が少ないフランスの状況を見て「マンガは日本の文化の中にあるもの、だから日本の文化を知ればマンガがもっと面白く読める」というコンセプトを前面に出した雑誌作りを志したそうだ。
 結果的に、日本文化を取り上げることによって他社の雑誌と差別化でき、また、日本自体に興味を持ち始める人たちが徐々に増えていることもあり、売上も伸びているとのこと。
 「マンガ・アニメが好きな人であれば、日本文化に対して、たとえ漠然としたものだとしても、ほとんどの人が興味を持っているのではないでしょうか」と PAVIUS氏はフランスの現状を分析している。
 雑誌の広告を見ると、アニメグッズ、フィギュアやJ-POPのCDまで、大抵のものは通信販売で購入できる。年に何度も開かれるイベントに行けば、マンガ、アニメ、ゲーム、フィギュアなどの最新情報が手に入り、同人誌販売やコスプレにも参加できる。フランスのオタクを取りまく環境は、実は我々が想像するよりも、もっと豊かで多様なのかもしれない。
(データ協力:EJC)

「JAPAN VIBES」編集部。壁には日本のアイドルのポスターがあちこちに貼られている。

ここ10年のパリおたく事情
 もともと日本発の同人誌文化は「創作&FC活動・イベント・小規模自費出版」の3点セットであって、イベントと不可分に「コスプレ」があるという構造になっている。韓国や台湾・香港などへは3点セットまとめて、ほぼそのまま入ったが、BDという自国版のジャンルを持っているフランスの場合、そう簡単にはいかなかったのであった。
 フランスでのANIME/MANGA/GAMEブームの根源というか、功労者(?)はフランス国営放送(TF1)だ。平日午前中の2時間枠を子供向け番組として、その中で70年代から200タイトル以上もの日本アニメを連日流しまくったのだから、子供たちはたまらない。その成長した子供がオタク、つまりは日本系モノの購買者層となったあたりから、パリのマーケットは動き始める。
 これからはニホンの時代だ!と、それまでの輸入アメコミショップからの転身を図ったのが、今回の特集にも出てくるTONKAM(トンカム)であって、東販から購入した単行本を空輸して売るところからスタートしている。アニメ関係のポスターやグッズ、アメコミ販売と同種の商品ラインナップで、パリの話題スポットとなったのが、90年代初頭のことだ。この成功に刺激され、同種の店がパリのあちこちに出現したのだが、開店しては消えという新陳代謝を繰り返し今に至っている。
 で、どうしてショップの話から入っているかというと、ここからでないと同人誌の話題まで行き着かないからである。日本では、特にマンガには限らない訳だが、全国どこででも同じものが買える。ところが、フランスはそうではないのだ。まず書店ではBDさえも売っているとは限らないし、そもそも雑誌を売っていない。雑誌は新聞と同じに街角のスタンドで売られているという具合に、出版物の流通のカタチが違うのだ。そういう国でイキナリ盛り上がった日本作品ブームにどう対応したかというと、トンカムは自分のところでフランス語翻訳版を出すと決めて実行し、その卸も自分で始めたのである。つまり、自力ルートでしか配本できない国内事情があったのだ。トンカムはその活動の中で同人誌文化まで全体を含めてコミュニティをバックアップした。フランスでBDの主要なイベントといえば年1回開催のものが数種、それも商業出版と古本市の中間くらいのものが主流だったところへもってきて、パリBD Expoのファンジン部門を分割し、「コミックケット(本家より小文字のcが1コ多い)」という一角をプロデュースしたのだ。これがパリのイベント事始である。
 「同人誌というものがアルそうだ」という情報先行であるから、見よう見真似で並べられたコピー誌は内容的に質もバラバラだが、非常に上手い描き手もいたりする。が、しかし、フランスでプロになるというのは「出版社の用意するBDのシナリオ(原作)を作画する描き手に採用される」ということなので、割とすぐにプロになってしまったりするためか、どうも同人誌独自の展開とまでいってはいないような感じがしてならない。(一人でストーリーも作画もこなすビラル(Enki Bilal)やメビウス(MOEBIUS)は、BD界では少数派なのだ!)日本で漫画家になりたい!という志願者は、それはもう多いのだけれども〜。
 そうして21世紀となっている今日、コミックケットは中断したままだし、まんが系Dojinshiのジャンルとしての独立は足踏み状態にあるといえる。ただ、その一方で増加し続けるまんが仏語訳本を無視しきれなくなったBD界が、MANGAを評価するようになってきていて、そちらではかなり雪解けが進んでいるので、裾野は広がっていくかもしれない。日本モノ系の人気は相変わらず高いし、向こうは必要に迫られて一生懸命に日本語を学習しているから、日本の同人誌を持ってっても通用することは実証済みである(仏語版か、せめて英語版の方がもっと良いけれども)。レッツ・チャレンジ、日仏交流!

堀越和子(世界漫画紀行)


フランスで発行されている主なマンガ/アニメ関連雑誌


3

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
特集:フランスおたく文化事情
イベントと雑誌に見る、フランスのオタクをめぐる環境
パリの「おたく通り」に行ってみました!
『アニメランド』編集部を訪ねる
作家が語るBDとアメコミとマンガと
フランス流、同人誌の作り方
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD