共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞コミケカタログ57出張版(発行:1999.12.10 Web版:2000.1.27) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

【特集】

大昭和製紙本社工場富士、探訪
 〜再生紙について考える

取材・写真:共信印刷株式会社 AIDE新聞編集部
協力:大昭和製紙株式会社 本社工場
出演:果子、小毬なな

 

同人誌活動に必要な材料って何?とえいば、まず思い浮かぶのが「紙」ですよね。しかし、私たちが紙をよりよく使うためには、同時に環境問題、特に紙のリサイクルについても良く知る必要があるのではないでしょうか。今回の「AIDE新聞出張版」では、この本、コミケカタログに使われている用紙の製造工場を訪問して、意外と知られていない?「再生紙」の現状をちょっと調べてみました。
AIDE新聞:今日は、コミケカタログに使われている紙を作っている、大昭和製紙本社工場富士を訪ねてみました。工場の皆さん、よろしくお願いします!!

大昭和製紙:この大昭和製紙(株)富士工場では、およそ150種類以上の紙を生産しているんですよ。用途によって紙の厚さや白さをどうしたらいいか、どんな成分にすればよいかをいろいろ考えて作り分けています。

A:1枚の紙にも、作る側でのいろいろな工夫があると思うのですが、それでは、コミケカタログの印刷に使われているのはどんな紙なんですか?

:コミケカタログ本文に使われているのは「ヘンリーコート R-50」という紙で、厚さは42.5Kgです。

A:この「ヘンリーコート R-50」は再生紙だとお聞きしていますが、再生した原料はどれくらいの割合で使われているのですか?

:この紙の古紙率は50%あります。

A:え…、そんなに古紙率が高いんですか!?再生紙って、普通の紙に較べて値段が高いと思うんですが、そのせいでカタログの値段が上がっているなんてことはないんですか?

:いやいや、「再生紙は高い」というのはもう過去の話ですよ。最近は、新聞古紙など価格の安い古紙を、ある程度の品質にまで再生して使う技術が発達しているので、年々コストが低くなっているんです。ですから、今は再生紙が高価だなんて、一概には言えない状況です。

A:そうすると、一般の印刷などに再生紙が使われることも多くなっているんですか?

:というより、今ではもう、普通に使われている印刷用紙の殆どに、30〜60%の古紙パルプがブレンドされているんですよ。

A:そうなんだ!…。私たち、知らない間に再生紙をたくさん使っていたわけなのね。

:再生紙の製造で必要なのは、「脱墨・漂白・異物除去」の3つのプロセスです。「脱墨」は印刷インクの成分を取り除くこと、「漂白」は白くすること、「異物除去」は製本されたときのノリやホッチキスなどを取り除くことです。コミケカタログの紙の場合、白色度、つまり紙の白さを70%前後にする、という品質設定なんですが、もっとシビアに白色度を要求されると、もちろんその分だけ、パルプをきれいにするためのコストがかかってきます。

A:じゃあ今は、どんな状態の古紙でも再生できるんですか?

:ちゃんと分別できていればね。新聞紙、雑誌、コンピュータなどの情報用紙、感熱紙、と種類ごとに。いろんな紙が混ざっている古紙は「ミックス」といって質が低いんです。たとえば、感熱紙が一般の古紙原料に混ざると、生産の乾燥工程で熱を加えたとき、せっかく漂白した紙がまた黒くなってしまったりなど、分別できていないといろいろ問題が起きるんです。

A:やっぱり、古紙といっても、きちんと分別して回収にださないといけないんですね。ちょっと面倒くさいなあ。

:そうは言っても、品質のよい再生紙を作るためには分別作業が不可欠なんです。東京23区でも、2000年度から古紙の分別回収が行われるそうですよ。

A:再生紙の今後については、どのようにお考えですか?

:これからも、もっと高度な古紙再生技術を開発していかなければならないし、同時に皆さんにも再生紙は品質が悪く高価だという考えを改めていただきたい。また、こうしたリサイクルは、古紙の回収から再生産まで、システムが定着するまでの間、私たちも市民の皆さんも行政側でも、たゆまずに努力していくことが必要なんです。

A:どうもありがとうございました。

:それでは、古紙の再生工場に案内しましょう。

(1999年10月19日 大昭和製紙(株)本社工場富士にて)


東京からこだま号で約1時間、富士山のふもと新富士駅に到着しました。私たちは今回のご案内役、果子(左)と、なな(右)です。よろしくね!


親切にご案内いただいた、大昭和製紙(株)本社工場富士のエンジニアの皆様。左から磯野さん、高嶋さん、村田さん、岡地さん、大箸さんです。お忙しい中ありがとうございました!


※グラフは「紙パルプ統計年報、月報、1997年版」より。
1989年を境に、古紙パルプの消費量がバージンパルプ(木から直接作られる原料)を上回っているのが分かります。
おもな紙の種類と古紙率一覧表
品種
用途
銘柄 古紙率
塗工紙 リサイクルコート100 100%
リサイクルマット100 100%
ヘンリーコートOL 100%
DPコート 80%
ヘンリーコートR50 50%
上級紙 リサイクル100 100%
リサイクル70 70%
中級紙 白磁 70%
HAKURO 50%
下級紙 商伝用紙 70%
<昭>更R 70%
情報
用紙
リサイクルフォーム用紙N 70%
リサイクルフォーム用紙
ホワイト
70%
(PPC)REFOREST100 100%

印刷などに良く使われている紙にも、現在ではかなり高い比率で古紙パルプがブレンドされているんですね。

 

 



細かくなった古紙が「脱墨・漂白・異物除去」の行程を経て、白い「古紙パルプ」に変わって行くようす。誌面では少々見にくいかもしれませんが、右に行くほどパルプの漂白が進み、白色度が増しています。

1

次ページへ(→)

目次
表紙
大昭和製紙本社工場富士、探訪〜再生紙について考える
古紙が再生されて、新しく紙になるまで―
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD