共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第43号(発行:2000.8.11 Web版:2000.9.1) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

●コマジロー突然乱入

コマジロー(K)は共信印刷印刷の営業部長である。コミックマーケットでは申込書セットや入場券などを担当している。共信印刷HPで、彼の日記が読める。

K: 何やってんの?
N: いや〜。今、「AIDE新聞」の編集会議をしているんだけど、予定してたものが間に合わなくて、その代わりのものがなかなかいいのが出てこないんだよ。
K: (机の上にある今までの「AIDE新聞」を見ながら)ふーん。『版権問題4』はどうなったの?
N: この頃思うんだけど、「AIDE新聞」で『版権問題』を取り上げる意味があるんだろうか?ってね。
一同: ここまでやってきて、そんな……。
N: 題材としてはもちろん意味もあったし、いい企画だったと思うけど、やればやるほど印刷屋としての立場からと、コミケファンとしての個人の意見と、それからサークルの立場と、いろいろなものの矛盾が生じてきちゃうんだよね。「AIDE新聞」の最初は、2〜3号でやめるつもりで始めたのが、やってみると、これが結構反応が良くて、お客さんを喜ばせようと続けてしまったんだよね。
K: (13号を手に取り)あれ?この号の特集記事がないじゃない。これ『次号予告』が特集記事になっているよ。
T: それも1ページだけしかないし……。
一同: (笑)
N: そうそう、思い出した。その号ぐらいから記事を正確に、まじめに書こうと思い始めたんだよ。でもその号では時間的にも現実的にも実現できなくて、みなさんからの原稿も出さなくちゃいけないし、とりあえずそんな形で出しちゃったんだよね。
K: ところで、そもそもの「AIDE新聞」の理念ってあるの?
N: あるよ。ひとつは「面白い記事より正確な記事」。事実を面白おかしく脚色しないってことかな。特に人の言ったことは、例え違うなと思ってもこちらで直さず、そのまま載せることを基本にしていたね。それと「流れに逆らって無理はしない」ってこと。いくら無理してがんばっても、ダメな時ってあるんだよね。それと売り物じゃないし、「楽しくやらせてもらう」ってことかな。その楽しさが読者に伝わるんだ。
K: ふーん。けっこう考えてやってたんだ。
N: まぁね…。それがこのごろ重荷になってきていて、最初の頃の「楽しい」って気持ちがなくなってきたんだよ。みんなに喜んでもらおうとやっているうちにどんどんプロの仕事みたいになってきちゃって、いい加減なことができなくなってきてしまったしね。それにある程度のこともできたし、時代の変化とともに「AIDE新聞」も昔から考えていた映像の方へ進化していこうかなと思っているんだ。2000年だしね。
K: クヨクヨ考えたって、いいアイデアなんか出てこないよ。こんなところで無理せず、いい加減の湯にでも浸かって考えたら?いいアイデアが出てくるんじゃない? 楽しいよ! 今凝っているしね。
一同: ……(絶句)。
N: ああ、そうだね。じゃあ、原点に戻っていい加減の湯に浸かっての『いい加減のススメ』っていうのもいいかもね。楽しそうだし、肩も凝らないし。
T: むしろ、肩凝りもほぐれそうです(笑)。
S: それなら『ビックサイトから行ける銭湯・温泉』という特集はどうでしょうか? 東京駅の中に銭湯があるらしいですよ。
N: それもいいけど、「うちに入稿した後は、この辺の銭湯に行こう」ってことにしたいな。
K: (引き出しから何やらアヤシゲな鞄を取り出して)銭湯セットがいつも準備されているからね。そうと決まったら、早速いい加減の銭湯を探しに出かけよう。あ、車で探しに行くなら、ついでに中央郵便局に寄ってくれない? 今日最後の仕事の郵送物があるからね。さあ、早く早く!


▲真ん中の黒いのが銭湯バッグ、銭湯マップも見える。

(……コマジロー主導のもと、まくしたてられるように銭湯探しをすることになりました。女性編集員Sは帰宅し、N編集長とT編集員とコマジローの3人で中央郵便局経由の銭湯探しに出かけました)


2

次ページへ(→)

目次
表紙
いい加減のススメ
コマジローと行く温泉めぐり
次号予告
この先「AIDE新聞」はどうなるのか
コミケ58国際交流コーナーレポート
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD