共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ 第42号 (発行:2000.5.3 Web版:2000.6.26) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
●「表現」という特殊な商品

 原則論になるけど、表現の内実にまったく関係なく、それを発表するという行為は、僕は無制限に認められるべきだと思う。とにかく発表することは認める。それから後は、ケースバイケースで論争なり裁判なりすればいいと思ってるわけ。

 でも実際に僕は出版社と仕事をしていて、当然編集者との話し合いのもとに原稿を発表しますからね。かりに編集者が「載せるのは嫌だ」と言ったら、それを押し通すことはできませんよ。著作権とは別に、出版社にはそれを出版するかどうかを決定する権利があるから。だからどうしても出版したければ自費出版すればいいわけですよ。著者が出版社を兼ねるわけですね。その意味で同人誌というのは、なければ困るんです。

 もちろんその場合、自分の身を守るのは自分しかありません。その意味で昨年のピカチュウ同人誌事件みたいなことは、潜在的にはあらゆるパロディ同人誌に起こりうることです。万一そうなった場合にキチンと対処できるかということですね、パロディする側の覚悟も含めて。

 特に今回のケースは、権利元が出版社だったらこういうことにはならなかったと思いますね。出版社には「文化」を売るという側面があるから、他人の表現を規制することには慎重になるはずなんですよ。ところが任天堂はゲームという商品を売っているわけでしょう。もちろんゲームだって文化のはずなんだけど、そういう自覚が業界に浸透するには、まだ歴史が浅すぎるんでしょうね。

 結局、会社の思想が違うわけですよ。アニメ会社は微妙なとこでしょうけど、でもまだ作品を売るという意識が強い思うのね。出版社は言わずもがな。作品を売るというのは、単純に商品をうるってことでは割り切れないとこがあるわけじゃない。出版社なんか特に。だから出版界、特に漫画界はそうなんだけど、著作権法で判例まで行ったことって殆どないんですよ。過去に。だから逆にいうと、なあなあ、うやむやでずっと来てるんです。これはこれで良くないと思うんですけれどね。

 ただそこをはっきりさせちゃうと、自分で自分の首を絞める部分もあるわけね。著作権を単純に自分の利益を守るってことだけで厳密に他人に要求していくと、まわりまわって自分の首絞めるってことが絶対あるわけ。じゃあんたのとこで出してるあれは何だ、これはなんだ、て過去を遡れば幾らでもでてくるわけですから。著作権は作者にとっても出版社にとってもパンドラの箱なんですよ。

 じゃあ長谷川町子の姉妹社が、何であんなに強硬に対応できたかっていうと、漫画家個人の出版社だったからなんですよ。出版社間のしがらみとかがなかった。だからあそこまで強硬に権利を主張できたんだと思うんだよね。


12

次ページへ(→)

目次
表紙
業界探検
出力センターというお仕事
東京リスマチック デジタルプラザ訪問
版権問題を考える-3
竹熊健太郎氏に聞く
おたよりコーナー
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD