共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第41号(発行:1999.12.24 Web版:2000.1.29) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
コミティア代表 中村公彦氏インタビュー 前ページより続き
〜コミティアの顔 ティアズマガジンを作り続けて〜

A:今度はパンフレットの『ティアズマガジン』についてお聞きしたいのですが、まず編集部のスタッフ数と構成を教えてください。
:中心スタッフは5名前後ですが、さまざまに関わる人間は15人前後です。
:ティアズマガジンの発行部数はどのくらいですか?
:約5000部くらい。推移は参加サークル数にほぼ比例していると思います。一回目は 100サークルだったので、200冊くらいだったかな?
● 左は今回から始まったという委託コーナー ●一冊一冊手にとってじっくり眺められる見本誌コーナー
:一号当たりの編集期間はどのくらいとっていますか?
:コミティア自体が年4回、ほぼ3カ月おきなのでその期間が編集期間といってよいと思います。まず、コミティア終了1〜2週間後に見本誌読書会を池袋の東京芸術劇場で開催します。大体一日で100人くらいのお客さんが来てくれて、そこで読んで面白かった本のアンケートを集めます。一方、ティアズマガジンに挟み込みの料金受取人払いのアンケート葉書で同じく面白かった本の投票をしてもらい、それらのデータを参考にして、紹介する本を決定します。その後、巻頭で紹介する人のインタビューをしたり、平行してその都度の特集記事などを作り、 DTP でページを組んで完成。同時進行でPRカットの貼り込みも行います。〆切はコミティアの3週間前、書店や通販での発売が2週間前です。その2週間がオフと言えばオフですね。
●毎号の表紙イラストも楽しみなティアズマガジン。50回記念特集号の表紙は、第一回から皆勤賞参加という、山川直人さんが手がけた。
:ティアズマガジンの編集方針、あるいは理念とは?
:面白い本を紹介すること。それにつきます。オリジナルONLYの場合、まず第一印象では手を出しずらいので、そうした一般参加者のガイドの役割を果たしたいと思っています。また、参加する描き手にとってもそうした面白い本や描き手と出会うことが刺激になってもらえたらと考えています。ある意味で「即売会」というシステムが普及したことで廃れてしまった「漫研」という精神をゆるやかな形で受け継いでいるといっても良いかも知れません。
:編集していて思うこと、感じることはどんなことですか?
:15年の間にいわゆる「同人誌」の幅がとてつもなく広がったなぁ、ということ。CG やグッズなども含めた表現形式、メジャー/マイナーを問わない作品のジャンル、プロや同人プロまでひっくるめた作家の意識、レジャーランド化した即売会の在り方…。でもコミティアは描くことの原点の歓びを大切にしていたいと思います。
:編集発行を続けてこられた中での、思い出に残るエピソードなど、ありましたら教えてください。
:いろいろありすぎて難しいのですが、葉書アンケートを始めた頃、投票で『ティアズマガジン』が一位になってしまったことがありました。頑張っているのが評価されるのは嬉しかったけれど、本末転倒だなあと思いました。

10

次ページへ(→)

目次
表紙
リゾコミ事前情報
コミケットスペシャルin沖縄
イベント訪問
「コミティア」50回記念イベントを覗く
共信印刷にデータ入稿をするにあたって
「版権問題を考える−3」の延期について
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD