共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第41号(発行:1999.12.24 Web版:2000.1.29) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

イベント訪問 ■
自主制作漫画誌展示即売会
コミティア
50回記念イベントを覗く

 


コミティアがこの秋50回を迎え、去る11月7日、有明の東京ビッグサイト西ホールで開催されました。それに伴い会場内で50回記念の催し物が行わました。
即売会の様子とともに紹介します。

●会場前エントランスに並ぶ一般参加者 ●入口に飾られた祝50回の花束

コミティア代表 中村公彦氏インタビュー

AIDE新聞:コミティア50回15年、コミティア代表中村公彦さんに、その辺のお話を聞いてみたいと思います。50回ということで、結構今回大きくやってますよね。
中村代表:そうですね、おかげさまで。まあ今までで一番規模的には大きいですよね。
:どうですか?15年やってみて。
:やっぱり、あっという間だったんですよ。だから、50回目だからといって、やっぱりごく普通の、1回1回のコミティアに過ぎないところもあって、そういった意味では、へんに気負わずに、これからも続けていきたいなあと思っておりますが。
● 今回のポスターはスズキ・イゾベル・トキヤさんの手による作品。 ● エントランスホールでは表紙やチラシを飾ったイラスト展示があった(イラスト原画展)
:あの、見てると大変ですよね。きめの細かい、骨の折れる作業がないとできない企画が多いですよね。
:展示サークルがすごく多いですし、歴史や旅行記など小さいジャンルのサークルがまとまって作る企画もあります。やっぱり一つ一つのサークルが、やりたいことを可能な限り実現できるよう、協力したい。だから、できる限りていねいにやっています。50回記念原画展っていうのもやりましたけれども。あとまあ、コミティアの後日に今日集まった見本誌の読書会もやります。今回からは委託参加ができるようになりました。こちら側もできる限りのことをやりますので、その分サークルさんも作品の方で頑張ってほしい、と思います。
:「作品」で、ですよね。こういう場所があれば、作家さんも頑張れるんだと思うんですけど。先程、サークル、作家さんにお聞きしたんですけど、コミックマーケットに出てて、それからコミティアに出るのには、覚悟というか、敷居が高かったと、意見があったんですけど、その辺どう思われます?
:コミティアというよりオリジナルを描くことの敷居の高さじゃないでしょうか? 逆に言ったらコミックマーケットの方が抽選率とかあるわけで、よっぽど出づらいわけじゃないですか。で、コミティアはそんなに抽選とかあるわけではないので、出ようと思えばいつでも出られる。まあ一度出てみてから感じてほしい、というのはあります。ただやっぱり、それなりに頑張った作品持ってこないと、なかなか見てもらえないっていう、オリジナル自体の難しさはあるでしょうね。その中で比較されて気疲れするとか、そういう部分もあるのかも知れませんね。お互いに頑張ろうというつもりで、考えているんですけど。
● 旅行サークルパネル展や歴史サークル合同原画展。
:いつ頃からですかね、最初の頃は憲章とか理念、っていうのがパンフレットに書き込まれてましたけど、この頃見かけないようなか気がするんですけど、あれはどうしてですか?
:やっぱり規模が大きくなって行った過程で、わりとあんまり一対一の関係ではなくなってきたんですよ。で、いろんな複合的な要素が増えてきたんで、もともと言ってたこの憲章というのが、読者と描き手が一対一の出会い、っていうふうなところがあって、もちろん今現在でもそれはあると思ってるんですけど、ちょっと幅が広がってきてしまって、それだけを押し付けるってことができないなっていう感じがしてきて、とりあえずそれを出さないようにはなりました。
:とにかくこういう場所があって、コミックマーケットとはまた違う創作という場所があるということは、幸せなことですよね。
:そう思って我々もやっています。私も時々、もし主催者じゃなくて、自分が参加できたらどんなに幸せだろうと思いますよ。このイベントに。
:100回というのは、12年くらいで実現できそうですけど、それに対しての展望ですか、そんなものをお聞かせください。
:(笑)。100回というのは、もちろん単純計算すれば12年後に来るんですけど、あんまりそれは意識せず、ただ、あのコミティアという場はできる限りずっと維持したいと思っています。それはつまり、描き手にとって安心して作品を発表できる場所を保証するということ。で、それは我々がつくるので、みんなは心置きなく自分の精一杯の作品を描いて持ってきてほしい、という風に考えています。

 


9

次ページへ(→)

目次
表紙
リゾコミ事前情報
コミケットスペシャルin沖縄
イベント訪問
「コミティア」50回記念イベントを覗く
共信印刷にデータ入稿をするにあたって
「版権問題を考える−3」の延期について
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD