共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第40号(発行:1999.8.13 Web版:1999.10.4) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

taitoru.jpg (28067 バイト)

 同人誌業界にフルカラーが普及したのは、それほど昔の話ではない。最初の頃はイラスト原画と印刷された製品との間で再現性が問題になった、即ち「キャラクターの肌色が出ない」と言う問題である。その原因の一つはイラストを描くときに使われる顔料(ドクターマーチンやホルベイン)に少しではあるが蛍光色が混じっていることに因るものであった。そのため最近では肌の部分のマゼンタを蛍光ピンクに置き換えて印刷する方法、5色印刷が一般的になっている、……業界人であれば誰でも御存知のことだろう。
 また最近ではコンピューターによるデジタル製版技術の普及に伴い、コンピューターディスプレイ上の色(RGB)と印刷に使われる色(CMYK)の違いによるトラブルが出始め、印刷やにとって頭の痛い問題となっている。
 そこで今回のAIDE新聞では最先端印刷技術「高品位印刷」の中から「高彩色印刷」(こうさいしょく印刷)についてこだわって考えてみたいと思います。

………… 高品位印刷の種類 ……………………………

syurui.gif (42948 バイト)






 通常の二次色や蛍光色を追加して、4色では再現できない高い彩度、明度の再現性を可能にする。また、色調の微妙な表現も可能になり、色の分離感、ボリューム再現域も拡大する。

高彩色印刷

高輝度印刷










 一つ一つの網点にのるインク濃度を高くして、色(特に原色系)の鮮やかさを向上させると共に、絵柄の立体感、ボリューム感を出し、質感や遠近感も向上させる。

高濃度印刷










 網点同士の干渉によって生じるモアレ(規則的な模様)をなくすと共に、解像度が向上することで、リアルな質感の再現性が可能になる。また、色のピュア感や純度などの色の冴えがアップする。

FMスクリーニング印刷

高精細印刷


1

次ページへ(→)

目次
表紙
業界探検
最先端の印刷技術を覗く(高彩色印刷)
業界探検シリーズ第6弾
版権問題を考える-2
みんなで対談
コミケ・サークル選挙に出馬
児童ポルノ法案−その後
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD