共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第38号(発行:1998.12.281 Web版:1999.1.24) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

「コミックトピア」代表
「パク・ウンシル」さんに聞く

(続き)

●最近はゲームや音楽ファンの同人が活発

Q: 同人誌のジャンル的には、どの分野が多いですか?オリジナル作品集、パロディ系、その他のファンジン系、とわけた場合…。
パ: 96年初めくらいまでは、オリジナル作品がほとんどでした。しかし、アニメやゲームのファンが増えてくるにつれ、パロディ物の比率が上がり始めました。特に「FINAL FANTASY」などのゲームキャラクターは人気が高いです。また日本のロックグループ、X-JAPANやGLAY、LUNA SEAなどのファンも目立つようになり、メンバーのイラストや活動情報などを載せた会誌を作るサークルも出て来ています。今では、オリジナルは60〜70%、パロディ物が15〜20%、音楽などのFC系が15%くらいの比率になっているはずです。もっとも、オリジナルとは言っても、日本漫画の影響が徐々に強くなって来て、独創的なキャラクターや作品は少ないのが現状ですが。例えば少女漫画で言うと、90年代前半の同人界では田村由美が非常に人気があって、当時の同人作品に大きく影響を与えていますね。
Q: 同人誌の作り手、読み手はそれぞれどう言った層、またタイプの人が多いですか?
パ: 私が把握している範囲は93年から97年いっぱいくらいの状況ですが、主な活動層は20代前半で無職(笑)。普段は作品を描いて、お金がなくなったらバイトする、のくり返しです。男女別では女性が圧倒的に多くて、同人全体の80〜90%程度になります。韓国の男性は、20代になったら兵役もあるので、まとまった同人活動は難しいんです。しかも男性はちゃんとした職業に就いて、早く結婚して世帯を持つことを、社会からもすごく求められるので、いつまでもぶらぶらしていられない。家族にも反対されるし、それを押し切って漫画の道に進んだら、早くデビューしないといけない、だから諦めてしまう人も沢山います。その点、女性は就職や結婚で社会的な地位を固めることを、男性ほどには求められないので、男性より同人活動がやりやすいんです。それに、個人的には、女性の方がサークル運営のような活動は上手ではないかと思います。会計など運営上の細かい管理や、会誌発行のスケジュール立てに編集、いろいろな作業の分担…、そういう組織的な動きは女性の方がうまいですよ(笑)。結婚してからも同人を続ける人も、まだごくまれですが、いることはいます。しかし結婚生活はとかく忙しいですから、作品制作を続けるのはきついでしょうね。日本では夫婦で同人をやっている人もいるみたいですが、韓国ではまだ会ったことがありません。一方読み手の層は、学生、特に高校生が多いです。漫画を描く方法も知らなければ、サークル活動についても良く知らないので、まずはイベントに来ていろいろな情報に触れようとするみたいです、今ではその中から、実際に同人活動を始める高校生も急増しています。自分たちだけでイベントにも参加するし、やおいも描くし(苦笑)。最近展示会を見に来る人間は、同人活動関係者以外は殆ど高校生です。まだ親からお小遣いが貰える歳だから、みんなお金はそこそこ持っていて、展示会でも本を買いまくってますね。
Q: イベントでは、やはり会誌を販売することが多いんですか? 会誌以外にグッズなどもありますか?
パ: 95年くらいまでは、販売物の大部分が会誌でしたが、時には、会誌が間に合わない、あるいは作れない時に便せんなどキャラクター文具を作って参加するサークルも見かけました。現在は大体80〜85%が会誌、20%弱はキャラクターグッズという比率です。最近では、本が間に合わない時に、原画や原稿を展示してその場で予約を取る、というスタイルも登場しました。
Q: 同人誌の流通方法にはどんなものがありますか?
パ:

韓国では、ACAのようなサークルの連合体に加入して、そこ主催の展示会[*4]に参加して販売するのが一般的 ですね。次に通信販売です。雑誌の同人サークル宣伝コーナーに広告をだして直接販売したり、最近では同人誌の委託販売会社もできたみたいです。

*4:韓国では、ACAのような同人サークル連合が主催するイベントでは、会誌販売だけでなく、所属サークルごとの作品(原稿イラストなど)の展覧会も併設することが多い。だから即売会ではなく、展示会と呼ぶのが一般的である。  

isigami.jpg (8918 バイト)
▲97年冬コミの国際交流ブースでのシンポジュウムに参加する
パク・ウン シルさん、とその同僚。マイクを持っているのは石上先生。

(続く)


5

次ページへ(→)

目次
表紙
行ってみるシリーズ第12弾
韓国2
ガンダムFCキム・ヨンファン君に聞く
「コミックトピア」代表「パク・ウンシル」さんに聞く
「ウ漫連」事務局長「イ・サンホン」さんに聞く
韓国で今年行われたイベント2つを紹介
「アンダーグラウンド漫画フェスティバル」事務局長「シン・イルソップ」さんに聞く
企画コーナー紹介
「児童ポルノ法案」は今、どうなっているのか?
おたよりコーナー
冬コミ企画コーナーレポート
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD