共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第38号(発行:1998.12.281 Web版:1999.1.24) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

「コミックトピア」代表
「パク・ウンシル」さんに聞く

イベントを通じて韓国のアマチュア界の多様な作品世界を
広く紹介していきたい

kimyonfan.jpg (5152 バイト)
▲パク・ウンシルさん、98年10月彼女の送別会にて

中学生の頃から漫画家に憧れ、漫画専門学校からアシスタント生活、サークル活動を経て、95年冬からこの春まで韓国同人サークル連合「ACA(アカ)」会長として、展示会や公募展、作品集発行など数々のイベントを手がけ、韓国の同人活動をリードする役割を担って来た。ACA会長の任期を終えたこの8〜10月には、日本に留学し、日本語を学びながら日本のコミック、同人事情をいろいろと調査して帰国、現在は来年1月に開催予定の新しいイベントの準備に駆け回っている。そんなパク・ウンシルさんに、自身と漫画とのかかわり、また韓国の同人界の現状など、1時間半にわたりたっぷりと語ってもらった。

●「MASTERキートン」「ろくでなしBLUES」が大好き

Q: 漫画を描くようになったきっかけと、今までの活動歴 を教えてください。
パク・ウンシル
(以下パ):

中学生の時、友だちに漫画の好きな子がいて、丁度学校からの帰り道に漫画カゲ(日本でいう漫画喫茶のような場所)があったので、その子に誘われて漫画カゲに行ってみたのが、最初のきっかけです。最初に読んだファン・ミナ[*1]先生の「アニュース・デイ」という漫画がとても面白くて、それから毎日毎日漫画カゲに通っていたんですが、そのうちに自分でも(漫画を)描くようになり、中3の時「絶対漫画家になるんだ!」と決めました。本格的に漫画の道に入ることになったのは、高校を卒業して1年くらい会社勤めした後「第一漫画学院」という漫画専門学校に入学した時からです。専門学校卒業後は、学校の紹介で、イ・サンム[*2]先生のスタジオに門下生(アシスタント)として就職したのですが、そこで「漫画の道は本当に厳しい」と徐々に気がつきはじめて、結局1年半くらいで辞め、しばらくは幾つかのスタジオを転々としていました。そんなことを4年程続けていましたが、ある日、これではいけない、ちゃんとデビューを目指そう、と思い立ちました。でもいきなり一人で努力するのは大変だなと思って、第一漫画学院の生徒同士で作った「CAF」というサークルで活動することにしました。実は「CAF」は私も創立メンバーの一人だったんですが、門下生になってからは忙しくて一度辞めていたんです。活動を再開して1年か1年半くらいたった時、CAFの会長に就任しました。その後95年の11月に、CAFが所属していた同人サークルの連合団体「ACA」で運営メンバーの改選があったのですが、サークル単位の活動より大きな規模で色々な企画ができるACAの活動に前から関心があったので、自分で会長に立候補しました。ACAの会長になってから今年の初めまでは、ACAの運営活動―展示会や公募展、会誌発行など―をしながら、CAFでの活動、平行してアシスタントの仕事をしていましたが、6月にACA会長の任期が終わったのを機会に、日本の漫画界、同人界についてもっと良く知りたいと思って、日本に語学留学することにしました。8月から10月末ま で3ヶ月間の予定です。

*1:黄美那。1980年デビュー以降、歴史物からSF、拳法物、ホームドラマまでこなす幅広い作風で人気を集め、現在では韓国少女漫画界のゴッド・マザーと呼ばれる。韓国の「NINE」と日本の「モーニング」誌に「李さんちの物語」を連載中。
*2:70年代から人気作家として活動を続けている、韓国少年漫画界の大御所。「トッコタク」という少年のキャラクターが特に有名である。  

Q: 韓国の漫画、日本の漫画それぞれで、好きな作品、作家は?
パ: 韓国の作家では、ファン・ミナ先生の作品が好きで、 日本漫画では、「MASTERキートン」の浦沢直樹、「月光 天女(「月の子」の韓国題)」の清水令子が好きです。「MASTERキートン」は、高校生の時に考古学者に憧れていたので、ストーリーが専門的なのが気に入っています。「月の子」は、少女漫画の中ではスケールが大きいしキャラクターもとても魅力的なので。それから「キャンパスブルース(「ろくでなしBLUES」の韓国題)」。学園物の中では特に絵柄がいいし、男子高校生の生態がとても生き生きと描かれていて面白いです。
Q: アシスタントを長くやっていたそうですが、韓国のアシスタント生活ってどんな感じですか?
パ: 韓国の漫画家は大きく分けると、雑誌や新聞への連載中心に活動する作家と、貸本屋や漫画カゲ向けの単行本作品を主に描いている作家とに分類できます。それぞれの作家に門下生として入門すると、最初は消しゴム掛け、ホワイト、ベタを3ケ月〜1年くらい経験して、それから背景を1〜2年、それからキャラクターの体(顔以外)のペン入れ、下描き…と進み、実力がついたところでデビュー、というわけです。勿論、門下生としての修業ではデビューまでに時間がかかり過ぎるからと言って、早々に辞めて自分で投稿や持ち込みをする人もいます。ベタやホワイト担当の頃は一律の月給制で、背景、体、下描きと、実力がつけばそれに応じて報酬もあがりますが、やはり門下生のフトコロはさみしいです。連載作家にしても単行本作家にしても、よほどの売れっ子作家についていないと…。男の門下生は、地方からソウルに出てきて、スタジオに住み込んでることが多いです。女性の場合は大抵通いですね。特に少女漫画家は連載中心の作家が多いので、締切前だけ臨時でアシスタントを頼む こともよくあります。
Q: パク・ウンシルさんは、ACA会長と言う立場で、韓国のいろいろなサークルをみて来たと思うんですが、韓国の同人サークルは、普通どんな風に活動しているんですか?
パ:

平均的な同人サークルは、大抵7〜10人のグループで、月1万〜2万ウォン[*3]の会費を出し合って会誌を作ります。本1冊作るのに60万ウォン程度かかるので、2〜3人単位では、金銭的な負担が大きいですから。ミーティングは大体月1回くらい、熱心なところは週1で集まっているところもあります。会誌は半年に1回程度発行してる所が多いですね。これも熱心なところは3ヶ月に1冊ペースです。1年に1冊がやっとの所もありますが(笑)。

*3:現在のレートでは、1万ウォンが日本円で約1000円に相当する。

(続く)


4

次ページへ(→)

目次
表紙
行ってみるシリーズ第12弾
韓国2
ガンダムFCキム・ヨンファン君に聞く
「コミックトピア」代表「パク・ウンシル」さんに聞く
「ウ漫連」事務局長「イ・サンホン」さんに聞く
韓国で今年行われたイベント2つを紹介
「アンダーグラウンド漫画フェスティバル」事務局長「シン・イルソップ」さんに聞く
企画コーナー紹介
「児童ポルノ法案」は今、どうなっているのか?
おたよりコーナー
冬コミ企画コーナーレポート
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD