共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第38号(発行:1998.12.281 Web版:1999.1.24) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

これもひとつの国際交流…???

●「AIDE新聞」ついに海外進出か???
 韓国の漫画雑誌「NINE」で紹介される!

tokusyu4.jpg (17962 バイト)「AIDE新聞」37号(98年8月発刊)で、韓国の女性漫画雑誌「NINE(ナイン)」誌主催のコスプレイベント「NINEコスプレSHOW」の取材記事を紹介したが、協力のお礼に掲載誌をソウル文化社NINE編集部まで送ったところ、なんと9月号の「NINE10号」に、AIDE新聞のこの記事が逆掲載されたのである! 『NINEコスプレSHOW、日本でも話題に!』という見出しとともに、『NINEコスプレSHOWが海を越えて日本列島を熱く沸せたうれしいニュース』と切り出され、あたかもAIDE新聞のおかげで韓国のコスプレの話題が日本中を席巻したかのように表現されてしまった。『コスプレの様子を生き生きと描写している取材写真と記事以外にも、NINEが主導している韓国のコスプレ熱風と人気キャラクター、韓国漫画キャラクターに関する紹介が随所に添えられている』と書いてくれたのはありがたいのだが、「コスプレSHOW」の企画者であるカン・インソン前編集長を紹介した部分を取り上げ『アンドロイド・カン(カン・インソン氏の愛称)の人気、日本の空にも〜!?この記事を見た日本の読者から(カン・インソン氏宛てに)ファンレターでもきたらどうしよう〜!?』とまで書くのは少々やり過ぎでは?

●韓国の漫画、アニメ情報誌tokusyu5.jpg (9837 バイト)

昨年にほんでいうところの「Comickers」のような、漫画を描く人のための情報誌「ComicTech」が発刊された。テクニック解説のほか、日本作家の特集なども載せられている。また同じ出版社から、アニメーション情報を扱う姉妹誌「AniTech」も発行された。しかし両誌とも休刊中、99年春には復刊という話だが…。97年始め創刊されたアニメ情報誌「MOTION」は、日本のアニメ雑誌に最も近い雰囲気を持っており、内容も日本のアニメ情報で80%以上占められていたが、こちらも今年春より休刊中。現在はパソコン通信を通じた情報提供のみ行っている。

このように韓国の不況は、漫画・アニメ界にもおおきな影響を与えている。現在引き続き発刊されているのは、プロのアニメ制作者向けの隔月誌「AnimeToon」。こちらはアメリカのアニメーション情報や日本のアニメの制作環境のほか、ヨーロッパの芸術アニメなどもよく紹介されている。

●韓国のガンダムFC会誌「SIDE-0」

tokusyu6.jpg (7418 バイト)1993年3月、パソコン通信「HITEL(ハイテル)」内で、韓国のガンダムFC「BUM〜」が結成された。「BUM〜」とは、「凡宇宙〜」と「平凡」を意味するハングル語の頭文字で、現在は他のネット「UNITEL(ユニテル)」にも拠点を持ち、情報交換、捜索、会員同士の交流をすすめながら、今回、日本に留学中の「BUMGUMNSA」会員の方より、会誌「SIDE-03」号をご提供いただいた。内容は、ガンダム各作品を観ての乾燥繍、各シリーズの台本の翻訳、作品別用語集、会員の作ったパロディコントなど。通信による投稿と、文字が中心の研究誌的な色が濃い。またキム・ヨンファン君の話の通り、現在年末に向け会誌4号の発刊準備中だそうだ。コミックマーケットの「国際交流ブース」でも「SIDE-0」3号を展示する予定なので、ガンダムファンは注目!


2

次ページへ(→)

目次
表紙
行ってみるシリーズ第12弾
韓国2
ガンダムFCキム・ヨンファン君に聞く
「コミックトピア」代表「パク・ウンシル」さんに聞く
「ウ漫連」事務局長「イ・サンホン」さんに聞く
韓国で今年行われたイベント2つを紹介
「アンダーグラウンド漫画フェスティバル」事務局長「シン・イルソップ」さんに聞く
企画コーナー紹介
「児童ポルノ法案」は今、どうなっているのか?
おたよりコーナー
冬コミ企画コーナーレポート
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD