共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第37号(発行:1998.8.14 Web版:1998.10.25) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

仮装

いってみるシリーズ第12弾
東アジア漫画探検

(続き)

 

CLAMP作品のコスプレも非常に多い。
「レイアース」「カードキャプターさくら」「聖戦」のほか、
「東京BABYLON」「20面相にお願い」のコスプレも見られた。

ボール紙にラッカーを塗り込んで質感を出したという「スーパーグランゾート」のコスプレ。

マロニエ公園の入り口広場にはひな壇の客席が設けられており、 広場で行われるストリートパフォーマンスを腰掛けて観ることができる。
ちなみにこの日の司会は、NINE編集長のカン・インソン氏。写真ではわからないが実はホットパンツで張り切っている。 誌上では「アンドロイド・カン」「全身タイツ・カン」という妙な別名があるらしい。

←これも韓国の人気漫画「クレイジーラブストーリー」のキャラクター。
彼女は先月の大会にも参加して、読者投票で1位に選ばれている常連さんだとのことだ。

韓国版が出ている日本製ゲームのキャラも人気。
「鉄拳3」「プリンセスメイカー」から。

今回一番会場でウケていた「らんま1/2」のコスプレチーム。
後ろの通り掛かりの人々のちょっとあきれ気味な視線にも注目。

これが雑誌「NINE」。月刊誌で価格は3900ウォン(390円)だ。 表紙では「女性漫画誌」とうたわれているが、 ストーリー、作画画面でいわゆる少女漫画の 枠に捕らわれない実験的な作品が多く、 グラビアのデザインも凝っており、なかなか見ごたえがある。 毎月のコスプレショーのレポートや、同人サークルの紹介ページもあり、 同人誌活動のサポートも積極的に行っているようである。

2

次ページへ(→)

目次
行ってみるシリーズ第12弾
アジア漫画探検 韓国コスプレ最前線
児童ポルノ法案を考える
児童買春・児童ポルノ法案全文
漫画版
児童ポルノ法案を考える
対談
USA-GODZILLAを語る
おたよりコーナー
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD