共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第36号(発行:1998.5.3 Web版:1998.6.2) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

おたよりコーナーその2

「お便り紹介」

 


△夏月みら

外に行ったコトのない私はなんだかこのコーナーがたのしみでなりません。他国でまんがってどーゆーあつかいなのかなっとか、日本って絵うまい人多いって知ってんのかなっ?とかいろいろ考えちゃいます。アジアは特に近いし、日本に影響されてる面多いんでしょうね。一度こーゆーところへ旅したい・(笑)ヨーロッパの方でもコミケとかしてるらしいんですけど、もうこれは特集しましたか? できればしてほしい×××。
(広島県府中市/N・Eさん)

湾のイベント第一回に委託で申し込んで、参加証が来て、委託本を送ったら「台湾の税関にひっかかるので参加出来ない」と言われて参加できませんでした(笑)。やっぱりあっちで売られているマンガってそういうシーン(いわゆるやおいとか)のあるものって、白ヌキとか切られてるとかしてるんでしょうか。それともそもそも出版されないんでしょうか? その辺がとても知りたかったです。
(横浜市/R・Kさん)

変興味深かった。同人サークル同市(日台)の交流等に味はあるものの、国交が完全に回復している状態でもないので、実際にはかなり不便。(向こうに文通相手がいるのですが、お金が日本で換金できなかったり、送金が難しい等、けっこうめんどうです)
(世田谷区/Tさん)


△中村 朧

初の頃は楽しかったのですが、いつもアジアの特集なので少しあきてしまいました。どうしても親しみがないので……。やはり遠い場所の事なので……。
(久喜市/M・Yさん)

 

 紅瞬が海外の取材に行ったのはイギリスだけなんですけど、旅行に行った時に普通の観光というのもそれはそれでもちろん楽しかったんですけど、日本のマンガや他国のマンガ・アニメに関する物を置いている、ちょっと怪しげなお店屋さんとか、現地の編集社の人に会ったりとか……とても楽しかったんですね。海外で日本に触れて懐かしかったりとか、同じ趣味を通して言葉はわからなくても通じるものがあるというか、上手く説明はできないんですけど、すごく楽しかったんです。また違った観光の楽しみ方というのでしょうか。海外の中で一番近い、気軽に行かれる(飛行機で3〜4時間)地ということで、アジアを取り上げてみました。また、日本の影響を受けている場所ということでもあります。
アメリカ、イギリスとは違う日本の作品との関わりがあると思います。興味を持つ、持たないというのはそれぞれだと思いますが、もし特集で取り上げた地へ旅行で行くことがあって行ってみようかなという参考になったり、海外に行かれないけど、こうなんだというように思ってもらえればと思います。日本にいて当たり前のようにマンガを描いていますけど、海外では日本の漫画・アニメ・同人誌がとてもすごいもので、「文化」と言えるものなんです。「すごい」ということだけでも感じてもらえたら、と思います。もちろん長い間で、アジア以外のアメリカやイギリス・ヨーロッパ等もまた取り上げていくつもりです。

 


△FGレナ

回「サークルさんの投稿」考えさせられました。同じイベント主催者としてそういう人がいるのは哀しいです。知り合いにそういう人がいるのも事実なので。やはり大阪の人なのですが、「決まってないのに宣伝しちゃって、抽選外れたらどうするんですか?」と聞いたら、悪びれもせず「会場変えるか、延期するよ」って。そういう問題じゃない気がしますが。規模の大小もカンケイないと思うし。変更のお知らせが行き渡らなくて、当日会場に来る人がいたら……。それは10人かもしれないし、1人かもしれないけど、少ないからいいっていうものではないですよね。確かにサークルや一般だけでなく、主催者側のマナーも問われるべきだと思います。
(保谷市/M・Yさん)

ークルさんからの投稿で「イベンターとは?」というものが一番心に残りました。私自身何度かイベント主催及びスタッフをしているだけに気にかかります。是非、イベント主催している方からアンケートなどとれないものでしょうか?そしてそれを特集にできないでしょうか?「イベント主催って?」というふうに。私個人はイベンターっていうのは“イベントを主催することによってお金を儲けている人”(それで何らかの多大な収入を得ている人)だと思っているのですが……。
(横浜市/Y・Mさん)

ベントに関する投稿が載っていましたが、全く同感で、自分の見栄や権威欲を満たすためとしか思えないイベント運営をする所を時々見かけます。私自身よく協賛サークルとして名前を貸したしますが、名前だけでなくそのイベントを徹底的に手伝います。それは、とにかく参加しようとする人たち(特にサークル参加者)に失礼でないよう、かつ失望させないためにです。印刷会社や大手が協賛に入っているから、協賛サークルが多いからと言って安心なイベントとは限りません。そのイベントがどれだけチラシを撒いているか、いろんな本・冊子などにCMを出してイベントの認知度を上げているか、が問題なのです。一度チラシを撒いただけで、それ以外はどこのパンフにもCMを載せてもいないようなイベントは申込まない方が利口です(大都市ほど)。逆に言えば、イベントの成功は事前の宣伝にかかっていると言っても過言ではありません。その辺、これからイベントをやろうと思っている人には肝に銘じてほしいですね。
(船橋市/A・Sさん)


△瓜生みわ

 オンリーイベントなど、小さいイベント(それも1回限りのものなど)が増えた昨今、限られた会場の獲得や、宣伝、集客ということが大変になっているのでしょうか。また気軽に同人誌を作るようにイベントを企画し開く、というような、イベントを開くことが流行りというか、偉いみたいな風習が出来てしまっているような気がするのですが、どうなのでしょうか? いずれにしても「イベント」自体に関わる、自分以外のもの(サークルさんや一般のお客さん、会場を貸す企業等)というものが、どうしても出てくるものです。そういうものに対して“責任”というものを持って行動して欲しいなと思います。

 

回の「おたよりコーナー」を読んでいて、「あッ、保谷市の人がいるっ・」と思ったんですけど、よく見たら(文章といいイニシャルといい)自分でした(^^;)哀シイカンチガイ。カンチガイしたのは恥ずかしかったけど、でも載せてもらえたのはちょっと嬉しいです。それにしても住所の近い人見つけるとホッとするのは、私くらいなんでしょうか(同人系の雑誌とかで)。
(保谷市/M・Yさん)

 

 近所の人とかだとなんか嬉しかったり気になったりしますよね。あと、住所を見ながら旅行をしてる気分というか、行ったことがあったり知ってる場所だと思い出したり、好きな所だといいなーとか思ったりしてます。(ヘンですか^^;)

 


△神風 湊

販や文通等でたまった手紙の処理の仕方を特集して欲しいです。
(両津市/Y・Kさん)

 

 紅瞬は個人的な文通の手紙は、返事をいつ書いたのかわからなくなっちゃうんで、手紙用のスケジュール帳があって、手紙を投函した日に名前を記入してます。そうすれば、いつ出したかで書いた内容が大体わかるじゃないですか。返事を出した手紙はきちんと切手を切り取って、袋とか箱に順番に入れてます(すごい量)。「AIDE_」の問い合わせとかの手紙は封筒の裏に済印と日付を書くようにしてます。こちらは数ケ月で処分してしまいます。皆さんはどうしてますか?

 

通郵便で現金が送れないことを知らない大人が多いことに驚いています。子供ならともかく……。郵政省はもっとフツーのことをたくさんアピールすべきよ!「そのフツー世間と同じとは限らない!」(字あまり)
(岡部市/Y・Oさん)

 

 そうなんですよ!「為替を買いに行くヒマがないからお金送ります」とか。えっ!? それはいいの?みたいなことありますよね。郵便局でキチンとルールを公表していないことにも問題があると思います。バレなければいい、みたいな 暗黙のところがあって。書籍小包の定義についても、いくつかの地元の郵便局に行って聞いてみたのですが、ハッキリとした答えがなくて、あいまいな所がありました。公共機関なんだし、もっと国民に徹底したものが必要だと思うんですけど。料金の改定だって知らなかったし……。


△聖都 司

 

次は夏コミ号です。
最近全然取材をしていないので、どこか行きたいなぁ〜と思っているのですが(専らテープ起こしとワープロばかりなので)。
 夏コミではまたたくさんのサークルさんにこの新聞が配られると思いますので、皆さん原稿たくさんくださ〜い。待ってます。地方でも配れるといいナ。
 今回の夜食のヒットは冷凍きつねうどん!
お湯入れてレンジでチンするだけなんですけど、お鍋で作ったうどんみたいに麺がシコシコして美味でした。(紅瞬)


6

終(表紙へ)

目次
冬コミ53レポート
世界の同人誌紹介と交流展 国際パネルディスカッション
業界探検シリーズ第4弾
プロの編集者は同人界をこう見ている
業界探検インタビュー
コミックキャッスルが終わる!
イベント1ページレポート
こみっくさらだ 川越20A
おたよりコーナー
台湾続報・その他
お便り紹介
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD