共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第35号(発行:1998.3.28 Web版:1998.4.14) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

特 集

行ってみるシリーズ第11弾

●ちょっとコーヒーブレイク●
たのしい台湾エヴァ

98年1月から台湾でも正式に放送開始された『エヴァンゲリオン』。その特徴は、なんと言ってもセリフが中国語に吹き替えられている点だ。涙と笑いの止まらない中国語チェックの一部を紹介しよう。
・ テ ー ゼ の 無 い 天 使

 まずはオープニング。おなじみの『残酷な天使のテーゼ』の画面には、日本語歌詞の中国語字幕が付いていた。おお、これは気合いが入っているなぁ〜、と思ってたら、あららなんだか様子がおかしい。字幕を追っていくと、明らかに元の歌詞と内容が違ってくるではないか。ためしに字幕を直訳してみよう。

【残酷な天使の如く/少年よ神話となれ/青い空が心の扉を叩いているというのに/あなたは静かに微笑んでただ私を見つめている/外の世界の邪悪を変えようとしているあなた/夢さえも持たない瞳には痛みと悲しみが満ちている/でも私は信じてるいつかあなたの肩には/遥か未来へ飛びゆくための美しい翼が現れる/残酷な天使の翼/愛がため窓より飛び立つ/はじき出される言語と神話/思い出さえも風に過ぎゆく/空を抱き光を放ち/少年よ神話となれ 】

……こりゃ、どう見ても意図的な改訳だ。やはり「そっとふれるもの」の部分は、ちょっと性的な感じでマズいのかな? 清く正しく伝統的なアニメソングに仕立て上がっているのが笑える。

・ 男 ら し い シ ン ジ

シンジとくれば、名セリフ「逃げちゃダメだ」が有名。ところが台湾エヴァの中国語ではこのセリフ、「不能逃避!(ブーノンタオピー)」と言っている。意味合いとしては『逃げる事などできない(いや行かねばならぬ )』と言う、かなり男らしい言葉である。実はこれ、日本と台湾とのお国柄が違うせい。台湾の男子には兵役義務があり、男たるものいざと言う時は愛する人や祖国を守るために戦うのが当然、という気風がある。もしも目の前に血だらけの女の子が倒れていて、そこで日本のあんなセリフを吐こうものなら「こいつ人間のクズ」と思われかねない。さすがに第一話から視聴者に見限られたのでは番組が成り立たない。そこでシンジの根性を台湾標準に合わせる必要があったのだ(と私は思う)。シンジ、お気楽な日本に生まれて良かったね。
・ 妙 に カ ワ イ イ ぞ、ゲンドウ!

もっとも笑えるのがゲンドウ。冷徹なスタイルがウリのはずの彼なのに、台湾側のたったひとつのカン違いによって台無しになってしまった。なんと台湾のゲンドウは、綾波のことを『小零(レイちゃん)』と呼んでいるのである。中国語であの冷たい感じを出すのなら「綾波零!(リンポーリン)」とフルネーム呼び捨てにするべきなのだが(シンジの事は呼び捨てにしてる)、さすがに女の子には冷たくしちゃいかんと台湾側が思ったのかどうか。おかげで第五話の回想シーンでは「レイちゃん!大丈夫かレイちゃーんっ!」と絶叫しながらヤケドするオヤジと言う、世にもカワイイ男に成り下がっている。しかしこの意地っ張りで可愛いところ、「ゲンドウ受」派にはたまらないかも。

文章提供:本郷正子さん


5

次ページへ(→)

目次
行ってみるシリーズ第11弾
東アジア漫画探検 台湾の漫画便利屋を覗く
JB漫画便利屋・新竹店の店長に話しを聞いてみる
士林店・漫画便利屋の店長は高校生…?
ちょっとコーヒーブレイク(たのしい台湾エヴァ)
イベント訪問第13弾
メンズコミック
イベント1ページレポート
EDEN III
イベント1ページレポート
D・PROJECT2
おたよりコーナー
世界の同人誌事情
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD