共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞第34号(発行:1997.12.28) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

特 集

行ってみるシリーズ第10弾

東アジア漫画探検 COMIC WORLD 台湾1

日本から参加したサークルに聞いてみる


▲向かって左側がたいらさん、隣が本郷さん、会場正門横にて
配置Aは、全員日本からの参加サークルとのこと。そこで中国語と日本語のバイリンガル本を出していたサークルさんを見つけ、話を聞いてみた。

AIDE:

まずはお名前からお願いします。

本郷:

サークル「カラオケの艦隊」の本郷と申します。

たいら:

サークルは「猫熊堂国外部」っていうんですけど、外国へ出す時のお手伝いをしています、愛莉(ペンネーム)といいます。日本では「バービー倶楽部」の「たいらめぐみ」と申します。よろしくお願いします。

A:

お二人はかなり台湾には詳しいんですよね。

本:

はい。

A:

どの位前から台湾には来ているんですか?

本:

6年前から毎年1、2回は必ず来ています。今回で台湾は10回目になります。

た:

私は大学でこっちに留学していました。10何年前ですけれど。それから毎年来ていますから、もうほとんど地元人みたいなものです。

A:

大学の留学という、4年間?

た:

いえ、交換留学でしたから1年間です。本業がこっちの方面なので、その後も研究で何回も来ています。

A:

そうですか。逆に台湾の方も日本にかなり来てるんですか?

本:

はい、来ていますよ。毎年夏と冬のコミックマーケットには、台湾の人が団体作ってツアーで来ていますよ。おそらく20人位 の団体で飛行機をとって、日本に来て遊ぶということでしょうね。アメリカ人もよくコミックマーケットには団体で来ていますから、それと同じですね。

A:

アメリカ人だとすぐ見分けがつくんですけど、台湾の方は分からないですよね。

本:

そうですね。でも特にコミックマーケットですと、日本人同士でもほとんど言葉を交わさずに本を買っていきますから、言葉を出さなくても済むので、誰が台湾人で誰が日本人だか、外国人だかわからないですよね。

A:

香港人も多いんですか?

本:

香港人も多いです。昨年冬のコミックマーケットでは、韓国人のサークルが日本の代理人を通 してコミックマーケットでサークル参加していました。

た:

日本国内に住んでいないと申し込みができないので、必ず代理人を立てて参加してらっしゃいます。

A:

そうなんですか。台湾でこういうイベントをやるっていうのは、日本で知ったんですか?

本:

はい、そうです。

た:

そうです、私が好きで彼女に教えました。

●同人文化は日本からやってくる

A:

今回イベントに出てみて、いかがですか?

本:

そうですね、言いたいことはいろいろあるんですが、やっぱりマナーに問題がありすぎますね。
何故かというと、今まで台湾の人達というのは日本の同人誌をお手本に頑張ってきたわけですが、「物」しか見ていないんですよ。日本の同人誌が、例えば台湾のオタクショップに運ばれてきて、プレミア付きで売られて、それをお小遣いはたいて買いますよね。日本にはこういう同人誌があるのか、私たちも作ってみたいということで作ったと思うんですけど、「物」はお手本がたくさんあるんですが、同人誌を売る時の「マナー」、買う時の「マナー」っていうのは、実際にイベントに参加してみないとわからないんです。
同人誌のクオリティー、特に絵の水準や印刷の水準は現在の台湾はもう日本と肩を並べる位 に素晴らしいものがあるんですが、サークルやお客さんのマナーが良くないですね。例えば、見本を見た後、平気で投げて返すとか。

た:

でもね、本郷さん、一つだけ言わせて。それは行動の見本がないから、知らないことは出来ないんだよね。で、問題があるとしたら、こんなことを言っていいかどうかわからないけど、主催者に問題があると思う。知らない行動は出来ないから、座りこまないとか外にコスプレで出ないとか、コミケのカタログにも書いてあると思うんだけど、そういう注意書きあった?

本:

申しわけ程度しか無かったですね。そういう日本では当たり前のマナーとして定着していることを、台湾側はまだ何も知りません。だから主催者側がそういうことを一から教育していかなきゃいけないんですよ。

た:

知らないっていうことも知らないんですから。

A:

でも、台湾には台湾のルールがあるとか?

本:

あると思いますよ。ただそれは、むしろ日本よりも厳しいルールでないと台湾では無理だと思います。
現在の市長は大変風俗関係には厳しい方なんです。特に猥褻図画表現などは、日本はかなりお目こぼしの面 が多いですけどね。
でも台湾では、猥褻表現とか政治的な発言などは、日本よりももっと厳しいはずです。こういう不特定多数の若者が多数集まって騒ぐというような事は、下手すると、それこそ一つの思想運動に取られかねない危ない面 も、なきにしもあらずです。

た:

だから、もしこのイベントをこれから育てていこうと思うならば、まず最初にそれをやらないと、多分上から潰されますよ。

本:

まずは良い参加者を育てるよう、主催者側があるべき姿を教育する体制を整えることですね。

た:

サークルもね。

●ホテルの人たちが怪訝な顔で……

A:

参加してみて、一般の台湾の方の反応はいかがですか?

た:

ホテルのフロントのベルボーイの方とか、お掃除のおばさんが怪訝な顔して見てましたね。

本:

そうですね。私たち台湾に旅行に行く時は、自分たちの趣味で好きな物を買ったりするんで、どうしても20代女性の普通 の観光客と同じ行動にはならないんですよ。
例えばおもちゃ屋さんに行って台湾にしか売っていない楽しいおもちゃとか、中国語字幕や中国語吹き替えのアニメビデオを買ったりするんで、そういう物を部屋に山積みにして置いておくものですから、掃除に来るおばさん達が「何でこの人達は子供もいないはずなのに、こんなおもちゃばかりが山積みになっているんだう」って。

た:

今朝出掛けに大きなカート持っていたら、「もう帰るんですか」って(笑)。

本:

「チェックアウトですか」って言われちゃいました(笑)。

A:

それはおかしいですね。

た:

日本ならコミケのことは行ったことはなくても知っていますけど、こっちではこういう文化が年配の方には浸透していません。存在すら全然知らないんで、説明しようがなくて、適当にごまかして行っちゃいましたけど。

●まだまだ健在、仕立て屋さん

本:

あと、コスプレの子に聞いて楽しかったのが、日本ではよくコスチュームプレイの手作り派とオーダーメイド派の争いっていうのがあるんですけど、もともと台湾ではそんな争いはないんですよ。何故かというと、この国ではまだ「仕立て屋さん」という文化が産業としてきちんと成り立っていて、自分の作りたい服を仕立て屋さんに頼むっていうのが、当たり前なんですよ。

A:

それであんなにきれいなんだ。びっくりしましたよ。

た:

民族風の中国服は、仕立て屋とあと貸し衣装ですね。特に中国人の場合ね、結婚写 真の時に中国服を着て、町のきれいな所で記念ビデオを撮ったりするのがとても流行っているんで、そういうブライダル関係のレンタル屋さんに行くと、ああいう古式ゆかしい中国衣装というのが格安で借りられるんですよ。日本にはあまり貸し衣装っていうこと自体がないんですけど。

●「オタク」「マンガ」「アニメ」は世界共通語

た:

それと「同人誌」なんて言葉を使いますけど、結局 中国語の単語ではなくて、日本語の同人誌っていう外来語を、みんな日本語がカッコイイから使っているわけですよね。

A:

アメリカでもそうですよ。

本:

そうですね。

た:

「アニメ」とか「マンガ」とか。

本:

「オタク」もそうですね。

た:

あと中国語だと「同人誌」とか「通販」。通販は台湾のデパートも使うようになったんだよね。

本:

そうですね。台湾の三越デパートでも通信販売という言葉が、とうとうお目見えしましたね。本当は「ユウコウ」と書くんです。郵便の郵に購入するの購で「郵購」と書くんですが、もう「通 販」という外来語が定着しているようです。

た:

でも、確か先月の『中国時報』っていう、こっちの大新聞に“日本語をカッコイイと思って使うのは、言葉の乱れだ”って書いてありましたけどね。

本:

そうですね。

A:

日本でも同じようなことありますよね。

た:

外来語を使い過ぎたって事ですね。

A:

韓国なんかはもっと厳しいですよね。

本:

韓国はもっと神経質です。特に韓国人は“日本文化の流入イコール自国文化の衰退”という風に考えてしまいがちなんで……。

た:

台湾はゆるやかで親日的なところもあるんですけど、さすがにここまで来ると…。特にマンガだけじゃなくて、例えば安室ファンとかキムタクのファンとかが増えていて、「あなたの子供が日本人になってしまう危険」っていうテレビ番組ありましたよ。

本:

ありました、ありました。それ、日本のNHKでも放送してましたね。

A:

アイデンティティーなくなっちゃうってことで?

本:

日本の音楽を聴いて、日本のマンガを見て、日本製のオーディオを使って、日本製の車に乗って、じゃあ、一体キミは何人なのか、と。

た:

それでやたら書く文章の中にひらがなを混ぜて書く。

本:

「の」という言葉が、中国語の何々的の「的」という言葉と8割がた共通するんです。文法上2割位 は合わない時があるんですが8割がた共通するものですから、ちょうど英語を習い始めた中学生が「but 私は」とか「Dear よしこちゃん」とか言うのと同じように、イキがってひらがなを使うのがかわいくておしゃれなんですよ。

A:

面白いですね。そんなにでも、日本の文化を受け入れているわけではないと思うんですけど、自分達で消化してませんか?

た:

いや、消化できるとは思うんですけどね。

本:

実際には、台湾の人はかなり貪欲に消化して、したたかに自分達なりに料理しています。私達はそういうものが好きで台湾に来るんですよ。

●日本生まれで台湾育ち、独自の文化が好き

A:

あなた達にとっての、台湾の一番の魅力って何ですか?

本:

そうですね。やっぱり日本の文化を自分達なりに消化しているのを見るのがとても楽しいですね。合法的な消化の仕方も、非合法的な消化の仕方も両方とも好きです。
例えば合法的な消化の仕方というのは、日本に正式に承認されたきちんとした翻訳の日本のマンガとかそういうものなんですけど、非合法的な消化の仕方というのは、海賊版で顔はタカラのジェニーちゃんそっくりのお人形だけど、ボディはアメリカのバービー人形を真似して作ったヘンテコな人形とか、そういう台湾の独自の、味のあるまがいものでも、正規な商品でも、どちらでも好きです。日本のものをもとにしているんだけれど、確実に日本のものとはもう違う。それはとても楽しいです。

A:

これからどうなって行くんですかね?

本:

その時々のお役人様が厳しい方だとなりを潜めて、緩やかな方だとヤッター!と言って、また復活してくるのが、台湾の人のバイタリティーですから、消滅することは絶対ないです。ただ、締めつけによって多少窮屈になることはあっても、締めつけの中で最大限の活動をしていくことは、間違いないです。

た:

だから、そういう中でしたたかに活動して、自分達の趣味とか楽しみを追求できるっていう台湾の人が好きなんですよね。

本:

そうですね。今のところは、見たところカッコだけ日本の真似をしている部分というのが大きいので、もう何回かこういうイベントがあると、台湾独自のノリっていうのが出てくると思います。そうしたらとても 楽しいと思います。

た:

そうですね、台湾らしさが出てくると楽しいですね。

A:

そういう意味ではこれからが面白いですね。取材をしていて、久しぶりに何かコミケ初期の殺気みたいなものを感じましたけどね。


紙面もなくなってきましたのでこの辺で終わりたいと思います。どうもありがとうございました。
尚、本郷さんは「趣味でたのしむ台湾」と言う同人誌を、たいらさんは「夢幻翠蘭伝」を売ってました。

(続く)


4

次ページへ(→)

目次
行ってみるシリーズ第10弾
東アジア漫画探検 COMIC WORLD 台湾1
写真レポート「会場風景」
写真レポート「布袋戯(プータイシー)」
日本から参加したサークルに聞いてみる
サークルインタビュー(台湾)尾崎南FC・南の世界
参加レポート 「カラオケの艦隊」本郷正子
企業ブース出現!
西4階の一角に何やら新しく出現したイベントスペース
委託コーナー担当の「竹山耕一」様に話しを聞きました
イベント訪問第11弾
BRAND New Leaf
イベント訪問第12弾
パノラマアワー2
おたよりコーナー
コミケ/台湾こぼれ話
お便り紹介
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD