共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞2004年春号(発行:2004.4.29) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号


●各国の文化と社会、そして漫画事情の違い

 昨年9月に、柿沼さんと二人で16日間の調査旅行に出かけました。東南アジア3国...インドネシア、シンガポール、フィリピンと、韓国の状況を調べ始めたのですが、これがなかなか大変でした。
 まず訪問したのはインドネシアです。インドネシアは日本漫画の進出がすすんでおり、講談社の『なかよし』のインドネシア版も出版されています。しかし、イスラム教徒が多いなど、多民族・多宗教の国ゆえに、ヌード描写など厳しい規制があります。そんな制約のなかでも、アンズ・ヒザワ氏などレベルの高い女性作家を見つけることができました。また大学生の中には同人誌を作ったり、漫画のイベントを開催しているグループもあります。
 シンガポールでもやはり日本漫画が人気で、しかも小国でありながら多民族という環境のなかで、オリジナル.の作家が育ちにくい環境にあるようです。招待したいと思うような作家さんもなかなか見つからず、正直、今回取り上げるのは無理かと諦めかけていました。ところが、出国する前日に出会った作家の中に、フー・スウィ・チン氏を見つけました。彼女の個性溢れる作風、またアメリカでも作品が出版されているという経歴を知り、慌てて出国ぎりぎりにもう一度連絡をとって、来日を依頼したのです。
 またシンガポールで驚いたのは、一流ホテルのホールで、若者たちがコミケットのようなイベントを開いていたことです。主催者のグループは女性が仕切っており、参加者も女性が圧倒的に多いことに、また驚かされました。隣国のマレーシアから、わざわざ訪れる漫画ファンまでいるそうです。
 フィリピンは、漫画は成人向けのペーパーバックか、児童向けの教育漫画かに、完全に分かれていました。社会階層の開きがまだ大きいので、下層階級では安価な成人漫画が読まれていますが、中流以上になると、美術的な要素の強いアメリカンコミック的な漫画本や、日本漫画の海賊版なども普及しているようです。
 韓国の状況は広く知られていますが、最近特に、ネット上でのコミックの発表が盛んです。オンラインの読者が増えたため、出版漫画や貸本屋の市場が危機に陥っているほどです。出版界では雑誌の廃刊も珍しくありません。そうした環境のなかでも、少女漫画雑誌は、男性誌より健闘しているように感じました。

●『アジアinコミック2004』から得られたもの

 この調査旅行をもとに、帰国後シンポジウムの準備を進めてきたのですが、実は一番心配していたのは、招待したパネリスト、特に作家さん方がおとなしい人ばかりだったことです(笑)。壇上でちゃんと話してくれるだろうか気掛かりで、質疑応答で予想される質問まで渡しておいたくらいです。しかし、いざ始まってみると、皆さんとても堂々と、いい発表をしてくださり、本当にホッとしました。
 滞在中は、彼女たちに少しでもリラックスしてもらおうと、交流の場や、日本文化に触れる機会を設けました。特に、日本漫画家協会の女性作家さん方に声をかけ、協会の事務所で交流会を開いたところ、女性同士、また作家同士いろいろな対話があったようで、お互いに収穫が大きかったと思います。
 また、今回のシンポジウムで一番の成果は、日本在住の外国人の方が、このテーマに関心を持ち、数多く来場してくれたことだと思います。講演後に「次は私の国を取り上げてください」という方まで現れて、嬉しい驚きでした。これこそまさに、アジアセンターが目指している、国際交流の姿なのではないでしょうか。

●漫画交流を妨げるもの、それは日本のなかにある!?

 しかし、漫画を通じた交流には、依然としてさまざまな障壁もあります。例えば、専門学校の漫画コース以外の方法で、私塾に通ったり、アシスタントをして漫画を学びたいと思う外国人に対して、現在の日本では「漫画」という名目ではビザがおりません。いろいろと調べてみたのですが、これは、いわゆるアーチストビザ、つまり芸術目的で来日して活動するためのビザに「漫画」という項目が含まれていない、ただそれだけが原因なのです。専門学校は学費が高すぎて通えない、でも漫画を勉強したい、そういう人たちは、語学研修のビザを取って日本語学校に通い、アシスタントなどをしながら漫画を学んでいる状態です。日本でも、政府の漫画に対する認識は、まだまだ浅いと言わざるを得ません。

 以前私が危惧していたとおり、現在日本の漫画出版は、停滞状況に陥っています。同人活動も、そのすそ野は広がりましたが、誰でも手軽にできる環境が整った分、「表現すること」が安易に考えられていないでしょうか。アジアの同年代の作家たちは、出版市場、画材、社会的な地位など、さまざまな制約の中にあっても、情熱をもって漫画に取り組んでいます。
 私はこれまでの交流活動で、漫画を通じて育まれた感性は、文化の枠を超えて通じるものだと確信しました。特に個人的には、アジア人同士の漫画に対する感性は大変似ており、漫画文化は、これからもアジア中へ自然に広がっていくと思います。
 漫画は、紙と鉛筆さえあれば世界中どこでもできる、すばらしい表現手段です。漫画に携わる若い皆さんも、ぜひ海外のすばらしい表現に触れて、自分たちの創作の刺激にしてください。
(2004年4月14日、日本漫画学院にて談)

...木村氏が発行している『漫画新聞』は、今年で発行27年目を迎え、通巻300号以上を数えている。その功績から、日本漫画協会の2003年度特別賞を受賞したそうだ。「新聞発行も国際交流も、続けることが何より大切で難しいのです」という木村氏の言葉が印象に残る、今回のインタビューだった。


●内外の漫画家さんから贈られた色紙、また各国の漫画関連団体から贈られた感謝状などとともに。
取材/編集
共信印刷株式会社 AIDE新聞編集部

取材協力
国際交流基金アジアセンター
日本漫画学院
 
AIDE新聞では、本記事に対するみなさまからのご意見、ご感想をお待ちしています。お気軽に下記までお送りください。

●共信印刷株式会社
  AIDE新聞編集部
〒113-0001
東京都文京区白山1-19-6
共信印刷ビル
TEL:03-3868-8044
FAX:03-3868-8045
http://www.kyoshin.net/
info@kyoshin.net


6

(←)前ページへ ・ 特集の最初のページに戻る(→)

目次
表紙
共信マンの イベントレポート :『アジアinコミック2004 アジア女流マンガの世界』
Part1
『アジアinコミック2004』
現場レポート
Part2
コーディネーター木村忠夫氏に訊く
『アジア女流マンガの世界』までの道
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD