共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞2004年春号(発行:2004.4.29) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

 以上、全体としては意味の大きいシンポジウムだったと思うが、惜しむらくは各国の漫画事情のプレゼンテーションが充実していた分、パネラー同士が意見交換する時間が減ってしまい、少々もの足りない感があった。また、オンラインコミックによる既存出版の不振などが議題に上ったが、限られた講演時間の中では、今回のテーマである「女性と漫画」に焦点を絞った、より深い討議を聞きたかった。
 会場の外に設けられたギャラリーでは、参加各国の漫画原画や雑誌、単行本などが展示され、手にとって自由に見ることができた。多くの来場者は、言葉は分からないながらも熱心に雑誌をめくり、イラストに感嘆の声をあげていた。

 例えば現在、アメリカで生まれたロックやラップは、世界各国で受け入れられているが、そのサウンドは、地域の特色に応じてさまざまに変化している。その地域固有のサウンドを取り入れながら、自分たちの言葉で、自分たちの社会について歌うことで、それらはより多くの若者から親しまれるようになった。
 同じように今、日本で生まれた「漫画」という表現手段を使って、さまざまな国や地域の人々が、自分たちの文化や社会への思いを描き出し、また読むことでその思いを受け止めている。

 今回の討論のようす、またギャラリーで漫画に見入る来場者の表情を見ていると、言葉の壁を乗り越える工夫と、ある地域の文化や社会へのちょっとした関心さえあれば、海外の漫画がもつ素敵な輝きを、誰もが発見できるのではないかと確信した。そして、それは日本の漫画界にとっても大きな刺激となり、私たちの漫画文化をより一層豊かにしてくれるのではないだろうか。そんな気持ちになる、この2日間であった。

●展示会場の様子、インドネシアの漫画コーナー ●シンガポールの漫画コーナー
●フィリピンの漫画コーナー ●韓国の漫画コーナー
●各国の漫画を展示したホールでは、終演後も多くの人が残って、雑誌や単行本に読みふけっていた。

4

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
共信マンの イベントレポート :『アジアinコミック2004 アジア女流マンガの世界』
Part1
『アジアinコミック2004』
現場レポート
Part2
コーディネーター木村忠夫氏に訊く
『アジア女流マンガの世界』までの道
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD