共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞2004年春号(発行:2004.4.29) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

 また、日本以外のパネラーがみな指摘していたのは、やはり各国における日本漫画の人気ぶりだ。その量の多さと、作品のもつ魅力は、各国の読み手にも幅広く受け入れられている。
 しかし彼女たちは、自分自身も日本漫画ファンである一方で、読者が求めるままに「日本風」の作品を描くだけでなく、その国オリジナルの漫画文化を育てていきたい、という思いを強く持っている。
 例えばインドネシアのアンズ・ヒザワ氏は、作品を描く時は、多民族・多宗教である自国の文化に配慮していると話し、土着の伝承を素材にしたという自作を紹介しながら、今後も漫画を通じて、自国の文化を表現していきたいと語った。
 韓国の朴素煕氏も、現在連載中の作品『宮(グン)』で、「もしも朝鮮王朝が現代まで続いていたら...」という設定のもと、伝統と現代文化の関係を描いている。連載スタート当時は、こうしたテーマが読者に受け入れられるのか不安だったが、実際には反響が大変大きく、自分たちの文化を漫画で表現することに、自信をもったという。

 一方、佐島顕子氏の発表の中には「日本は漫画先進国ですが、反面、外国の漫画に触れるチャンスが少ないかもしれない」という言葉があった。
 確かに、日本の漫画が世界中で読まれている事実だけでも驚く人が依然として多いなか、世界各国でオリジナルの漫画市場が育ちつつあることは、より実感しにくい事実だろう。現在の日本では、国内の市場があまりに豊かなため、海外の作品を追い求めてまで読みたいという「漫画への渇望感」が少ないとも考えられる。
 そこで佐島氏は、大学の国際交流に関する講義の中で、学生たちに韓国漫画を翻訳して読んでもらう、という試みを行っている。授業で作品を読み進めるうちに、日韓の文化の違いを理解し、同時に漫画から受ける感動の普遍性に気づき、いつの間にか作品世界にのめり込んでしまう学生が、毎年数多く現れるそうだ。
 漫画の表現が、誰にでも普遍的なメッセージを届ける可能性をもつこと、国境を超えた漫画の交流が一層進むであろう未来の姿を、このプレゼンテーションが示唆しているのではないだろうか。

●フィリピンのティナ・フランシスコ氏の発表より、児童向けの漫画作品。他に青年向けの作品も描いている。 ●アンズ・ヒザワ氏の作品より。インドネシアに伝わる民間伝承を素材にしているという。
●韓国の朴素煕氏の作品『宮』。反響が大きくなるにつれ、読者から衣装考証を指摘する投書まで来たそうだ。 ●佐島顕子氏の発表より、授業で韓国の漫画作品を「購読」している大学生たち。この写真は韓国旅行の際、前ページの『宮』のイラストを真似て、チョゴリ姿に携帯を持ってポーズを取る様子。


3

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
共信マンの イベントレポート :『アジアinコミック2004 アジア女流マンガの世界』
Part1
『アジアinコミック2004』
現場レポート
Part2
コーディネーター木村忠夫氏に訊く
『アジア女流マンガの世界』までの道
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2006 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD