共信印刷WEBサイト
AIDE新聞
→ ホームAIDE新聞2004年春号(発行:2004.4.29) <<Back <!>Reload
各号へ
コミケ91
アフターレポ
2016冬
コミケ91
カタログ
掲載版
コミケ90
アフターレポ
2016夏
コミケ90
カタログ
掲載版
コミケ89
アフターレポ
2015冬
コミケ89
カタログ
掲載版
コミケ88
アフターレポ
2015夏
コミケ88
カタログ
掲載版
コミケ87
アフターレポ
2014冬
コミケ87
カタログ
掲載版
コミケ86
アフターレポ
コミケ85
アフターレポ
2013冬
コミケ85
カタログ
掲載版
コミケ84
アフターレポ
2012冬
コミケ83
カタログ
掲載版
コミケ83
アフターレポ
コミケ82
アフターレポ
2012夏
コミケ82
カタログ
掲載版
コミケ81
アフターレポ
コミケ80
アフターレポ
2011夏
コミケ80
カタログ
掲載版
コミケ79
アフターレポ
コミケ79
カタログ
出張版
コミケ78
アフターレポ
コミケ78
カタログ
出張版
コミケ77
アフターレポ
コミケ77
カタログ
出張版
コミケ76
カタログ
出張版
コミケ75
カタログ
出張版
コミケ74
カタログ
出張版
コミケ73
カタログ
出張版
コミケ72
カタログ
出張版
コミケ71
アフターレポ
コミケ71
カタログ
出張版
コミケ70
アフターレポ
コミケ70
カタログ
出張版
コミケ69
アフターレポ
コミケ69
カタログ
出張版
コミケ68
カタログ
出張版
イベント
レポート
エピタニメ
コミケ67
アフターレポ
コミケ67
カタログ
出張版
コミケ66
アフターレポ
コミケ66
カタログ
出張版
2004 春号
アンヌの
コミケ参加
体験記
コミケ65
アフターレポ
コミケ
カタログ65
出張版
コミケ64
アフターレポ
コミケ64
カタログ
出張版
AIDE Magazine
2003 Spring
AIDE Magazine
2002 Summer
コミケ61
カタログ
出張版
第44号
第43号
第42号
コミケ57
カタログ
出張版
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号

Part1『アジアinコミック2004』現場レポート


 『アジアinコミック2004 アジア女流マンガの世界』シンポジウムは、2日間をそれぞれ2つのプログラムに分けて開催された。
 初日の2月21日は、女性編集者らによる各国の漫画出版をテーマにした討論、また22日には、各作家による作品紹介と意見交換が行われた。
 各セッション(テーマ別討論)のパネリストは、以下の通りだ。
●21日「アジア女流マンガ編集のテクニック」(編集者)
 インドネシア/ラトナ・サリ氏
 韓国/金英中(キム・ヨンジュン)氏
 フィリピン/テリー・バガルソ氏
 日本/山内靖子氏
●22日「アジア女流漫画創作の秘密」(漫画家)
 インドネシア/アンズ・ヒザワ氏
 韓国/朴素煕(パク・ソヒ)氏
 フィリピン/ティナ・フランシスコ氏
 シンガポール/フー・スウィ・チン氏
 日本/渡瀬悠宇氏
他に2日間通して、韓国を中心に少女漫画を研究している佐島顕子氏(福岡女学院大学助教授)がパネリストとして参加し、今回の現地調査とコーディネートを担当した木村忠夫氏(日本漫画学院院長)が司会をつとめた。
 パネリストの経歴などは、国際交流基金アジアセンターのサイトで見ることができる。
http://www.jpf.go.jp/j/others_j/whats_j/0401/01-03.html

 このシンポジウムでまず興味深かった点は、これまであまり紹介されることのなかったインドネシア、シンガポール、フィリピンの漫画家、そして編集者の生の声を直接聞けたことだ。ほとんどの作家と編集者が、多くのスライドを用意して、自分たちの活動を具体的に紹介してくれた。各地域の雑誌や作品、漫画関連イベントの画像を目にすることができただけでも、来場者には大きな収穫だったはずだ。
 参加国のなかでは、韓国の漫画は日本に紹介される機会も増えてきたが、インドネシアやシンガポール、フィリピンの作品は、残念ながらこうした場以外では見られないのが現状だ。
 インドネシアの作家、アンズ・ヒザワ氏の作風は、日本漫画のそれとよく似てはいるが、色使いやコマ割り、トーンワークなど、繊細でかつ迫力に満ちており、テクニックの確かさを感じさせた。
 シンガポールの作家フー・スウィ・チン氏は、大変個性的かつ先鋭的な画風が印象的だ。その作品はアメリカでも出版されているという。彼女のプレゼンテーションでは、シンガポールでの漫画フェスティバル的なイベントも紹介され、シンガポールならではの文化環境を知ることができた。
 編集者による発表の中では、小学館の山内靖子副編集長による、日本の女性誌市場についてのプレゼンテーションが、非常に具体的で、海外からの参加者にも分かりやすかったのではないだろうか。年齢による雑誌の細分化や、家族関係・育児・政治へと多様化する作品テーマなど、日本における女性向け漫画の現状がよく表現されていたと思う。
 意見交換・質疑応答の時間では、各国のパネラー間で共通の悩みも飛び出した。漫画家自身が年齢を重ねるとともに、自分の身辺の題材や描きたい題材と、主な読者層である10代の少女たちが求める内容、その間のギャップに苦しむ時があるというのだ。
 日本の場合、作家がレディス・コミック(あるいは青年誌)に移行するなどして、年齢なりのテーマに取り組む機会を持てるが、市場自体が依然不安定な他のアジア各国では、誌面で描ける内容が、10代向けの学園もの、恋愛ものなどに、どうしても限られてしまうようだ。

●インドネシアのアンズ・ヒザワ氏の発表より、彼女の手によるカラーイラスト。デッサン、色使いとも確かなテクニックを感じさせる。 ●展示会場より、下段手前がフー・スウィ・チン氏の作品
●山内靖子副編集長の発表より。小学館の漫画雑誌のバリエーションとそれぞれのターゲットを説明している。 ●フー・スウィ・チン氏の発表より、シンガポールで開催された漫画イベントの風景。コスプレも行われている。


2

(←)前ページへ ・ 次ページへ(→)

目次
表紙
共信マンの イベントレポート :『アジアinコミック2004 アジア女流マンガの世界』
Part1
『アジアinコミック2004』
現場レポート
Part2
コーディネーター木村忠夫氏に訊く
『アジア女流マンガの世界』までの道
 <<Back  ★Home  ↑Up  <!>Reload  □Mail
©1997-2011 KYOSHIN PRINTING CO.,LTD